NEWS & COLUMN

「衆を治むること寡を治むるが如くなるは、分数是れなり」

コラム:2018/11/09

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

11月も中盤に差し掛かると、そろそろ冬支度が始まりますね。
どんなに暑い夏が来ようとも、どんな大雨や台風が来ようとも、
日本には、ちゃんと秋が来て、その後には冬がやって来る・・・
そんな季節感を感じられることに幸せを感じる今日この頃です。

さて、話は少し前(2018年4月~9月)に遡りますが、
私はBNIというビジネスマーケティング組織で
チャプタープレジデントを務めていました。

チャプタープレジデントは、毎週開催される
ビジネスミーティングの議長を務めることが主な役割ですが、
そもそも、就任にあたっては、任期の半年間を
どのような運営方針のもとに進めて行くかという
「戦略」を立てる必要がありました。

また、人数不足の影響もあり、「戦略」を立てた後には、
チャプタープレジデントが自ら「戦術」を立てることもありました。

今日はその「戦術」面において、実は、『孫子』「兵勢篇」にある
こんな言葉を意識して実践していたということをご紹介します。



「凡そ衆(しゅう)を治むること寡(か)を治むるが如くなるは、分数是れなり。」

およそ[戦争に際して、]大勢の兵士を治めていてもまるで少人数を治めているように
[整然と]いくのは、部隊の編成がそうさせるのである。



もう少し分かりやすく言うと、たとえ大部隊であっても、
それを小部隊に分けてそれぞれを管理していくことで
整然と部隊は治められる、ということです。

具体的な事例としては、ビジネスミーティング後に行う
業務改善ミーティングなどでは、まずはグループ毎に意見を出し合ってもらい、
まとまった意見を発信してもらうということを実践していました。
これにより、ミーティングはかなりスムーズに進行したのはないかと感じています。

管理職やプロジェクトマネジャーの方にはお勧めの手法と言えそうですね。

「やらないこと」を決める

コラム:2018/11/02

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

11月になりましたね。
今年も残すところあと2ヶ月となりました。

この時期は、今年計画していたことが実践できたのか、
できなかったのかを振り返る時期でもありますね。

そして、もしできていないことがあれば、それをどうするのか?
来年に持ち越すのか、あるいは、中止にするのか?
そんなことを考える時期であると言えるでしょう。

そんな時、先日のコラムに書いた「時間管理のマトリクス」を活用して、
自分の現在抱えているものを「見える化」してみるのも良いでしょう。

■「重要度」と「緊急度」のマトリクス(2018/10/19)
http://coaching-en.com/column/2018/10/post-58.html

今日はこれに関連して、こんな思考の整理の仕方もある、
ということをご紹介したいと思います。それは・・・、

「やらないこと」を決める

一般に、人の思考は、「やる(べき)こと」に目が向くものです。
一方で、「やらないこと」については、それがネガティブな印象があるためか、
敢えて目を向けようとはしないのではないでしょうか。

私のクライアントには、個人事業主や中小企業の経営者がいらっしゃいますが、
その方々とセッションを行う時に、その方々との思考・行動の整理のために、
敢えて「やらないこと」に目を向けていただくことがあります。

例えば、ある中小企業の経営者に「やらないこと」を決めていただくと・・・、

・プレーヤーの仕事をしない(部下を信じて任せる)
・細かいことを指示しない(方向性のみを伝える)
・「半年先の着手でも間に合うこと」はしない
・地域の役員は引き受けない
・2次会には行かない

という具合になります。

「やる(べき)こと」ではなく「やらないこと」に焦点を当てる

それだけでも、随分と思考の整理が進み、
行動の促進が図れるものだと経験的に感じています。

「重要度」と「緊急度」のマトリクス

コラム:2018/10/19

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

10月中旬に入り清々しい気候が続いています。
個人的には年間で最も好きな時期であり、活動的になる季節でもあります。

そんな自身の状況を反映してか、おかげさまで仕事の受注も増えて来ています。
そうなると、当然のことながら仕事の優先順位をつける必要性が出て来ます。

そんな時、効果を発揮する考え方のひとつに、

「時間管理のマトリクス」

というものがあります。

これは、スティーブン・R・コーヴィ博士の『7つの習慣』の中で紹介されているもので、
仕事の優先順位を決める時などによく用いられるフレームワークなので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

参考までに、「時間管理のマトリクス」は以下のように分類されます。

■「緊急」かつ「重要」なもの(第一領域)
ex. 締め切りの迫った仕事、トラブル対応、クレーム処理、など

■「緊急」ではないが「重要」なもの(第二領域)
ex. 自己啓発につながるセミナー、事業計画、人材育成、など

■「緊急」だが「重要」でないもの(第三領域)
ex. 形式的な会議、電話対応、メール返信、など

■「緊急」でもなく「重要」でもないもの(第四領域)
ex. 必要以上の休憩、雑談、世間話、など

以上4つの領域をマトリクス上に書き表し、実際に自分の仕事を当てはめてみると、
思いの外、仕事の優先順位を付けやすくなるものです。

私の場合、これをクライアントに行ってもらう(コーチと一緒に項目を洗い出すイメージ)ことがあり、
これを実施することによって、クライアントは、思考の整理や行動の促進に繋がるようです。

・時間管理が上手くいかない
・物事の優先順位が定まらない
・つい気持ちだけが焦ってしまう

といった状態のクライアント(または、あなた自身)がいたら、
「時間管理のマトリクス」を一度活用してみると良いかもしれませんね。

「信念」と「信条」

コラム:2018/10/05

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

10月に入りましたね。
個人的には一年で最も好きな季節のひとつです。

なぜかと言いますと、気候が清々しく、日々過ごしやすいため、
仕事を始め、スポーツやレジャー等、すべてのことに活動的になれるからです。
また、山々の木々が徐々に秋色に色づいていくのもいいですね。

また、この時期は、年度の折り返し地点ということもあり、
職場においては異動・転勤があったり、
コミュニティやサークルにおいては役員交代があったりします。

そのような変化があることも、気持ちをリセットできるという点で、
私が10月を好きな理由のひとつかもしれません。

このように、10月は身のまわりに変化が起こる月でもありますが、
一方で、季節や時期を問わず、変わらないものもあります。

それは、「信念」と「信条」。

わかりにくいと思いますので、あらためてここで
定義を確認しておきます(「デジタル大辞泉」より)。

◆信念
正しいと信じる自分の考え

◆信条
堅く信じて守っている事柄

ここで一例として、私の「信念」「信条」を挙げておきますと・・・

◆大石の信念
・継続は力なり
・起きていることにはすべて意味がある
・他者を幸せにするには自分が幸せであること

◆大石の信条
・言行一致
・「中庸(=バランス感覚)」を目指す 
・仕事を楽しむ

ここで私がお伝えしたいことは、

その人の「信念」が「信条」が明確であると、ブレない自分でいられる

ということです。さらに、「ブレない自分でいられる」ということは、

「人に影響力を与える人物になる」ための素地ができる

ということですね。

私の周りには、プロコーチを目指して活動しているものの、
なかなか思うように成果が出せない、と嘆く方が少なからずいらっしゃいます。
その様子を見ていると、私には結構「ブレている」ように映ります。

そのような方は、美辞麗句を並べ立てるより、自らの「信念」「信条」を
まず明確にすることが大切なのかもしれませんね。

「信用」と「信頼」

コラム:2018/09/21

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

9月も中旬を過ぎ、ようやく秋らしさを感じさせる気候となりましたね。
秋は、お出かけするにも、運動するにも、学習するにも良い季節。
果たしてあなたは、この秋をどのように過ごしますか?

私は、地元の愛知でBNI(http://www.bni.jp/ja/index)という組織に所属していますが、
毎年この時期は、次期の役割選出とそのためのトレーニングが行われます。

先日、このトレーニングに参加してきたのですが、
トレーナーの発言の中に「信用」と「信頼」という言葉がありました。
その時、私は、彼が2つの言葉を意図的に使い分けているように感じたのです。

残念ながら、具体的にどのように使い分けていたのかは忘れてしまいましたが(^_^;)、
これをきっかけに、あらためてこの2つの言葉の意味を考えてみようと思った次第です。

早速、それぞれの言葉の意味を調べてみると・・・(「デジタル大辞泉」より)


◆信用
①確かなものと信じて受け入れること
②それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。

◆信頼
信じて頼りにすること。頼りになると信じること。


意味を調べてみると、その違いがよく分かりますね。
私なりに言い換えてみると、以下のようになるでしょうか。

「信用」とは、物質的なものや実績など、「確実なもの」に基づき判断するもの
「信頼」とは、その人の性格や人柄など、「可能性」を信じて判断するもの

「信用」とは「信頼」の積み重ねから生まれるものであり、逆に言えば、
「信頼」を積み重ねることで初めて「信用」ができる、と言えましょう。

これは、コーチがクライアントを獲得する際にも同様のことが言えそうです。
つまり、クライアントがコーチのことを信頼していなければ、
信用してお金を出そうという気にはならない、ということですね(^_^;)。

「信用」と「信頼」。
プロコーチとして、肝に銘じておきたい言葉の違いです。

メガネ店舗スタッフの素敵な対応

コラム:2018/09/07

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

9月最初のコラムとなりました。
前回(8/31)お休みしているので、2週間ぶりの掲載となります。

この2週間は、残暑が厳しかったり、台風が接近したり、
それに伴う大雨に見舞われたりと、浮き沈みの激しい天候が続いておりましたが、
私の業務においても、それに負けない(?)ほど、
ジェットコースターのような日々を過ごしておりました(^_^;)。

そんな慌ただしい日々が続くと、私の場合、大抵、忘れ物や落し物が発生します(笑)。
特に今回は、重宝していたメガネケースを紛失するという事態が起きました。

たかがメガネケースと言うなかれ。
私はシニアグラス(要するに老眼鏡のことね)を持ち歩いているのですが、
コンパクトに収納できるJ社のメガネケースには大変重宝していました。

おそらく移動中に落としたのでしょう。
気がついたら、スーツのポケットから無くなっていました。

メガネケースは購入先のJ社で再購入するという手段もあったのですが、
まずは近所の100円均一のお店で購入しようと考えました。

ところが、ケースが大きかったり、デザインが悪かったりで、
なかなか思うような代物が見つかりません。

仕方がないので、少し足を延ばして(それも購入した場所ではない)店舗に行き、
スタッフの方(おそらく副店長ぐらいの女性)に事情を話したところ、

「ああ、実はこれは非売品なんですよね・・・。」

それを聞き、残念がっている私を見て、彼女の採った行動が秀逸でした。

「あ、ちょっと待っててください。」

と言ったかと思うと、トコトコとお店のバックヤードに入って行き、
1分ほどで私のところへ戻って来たかと思うと、

「そう言えば、ひとつケースが余っていました。良かったらお使いください。」

と、紛失したメガネケースと同モデル品を私に差し出してくれました。

驚いたのは、そのメガネケースがどこから見ても"新品"だったということ。
このスタッフさんの一連の言動に、私がJ社のファンになったことは言うまでもありません。

慌ただしい晩夏に、さわやかな風が差し込むような、素敵な出来事でした(^_^)。

「囲師には必ず欠き、窮寇には迫ること勿かれ」

コラム:2018/08/24

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

8月も後半となりましたが、残暑の厳しい日が続きますね。
どうかくれぐれもご自愛くださいね。

ちょっと時期がずれてしまった感がありますが、毎年8月になると、
メディアでは決まって第二次世界大戦の終戦特集を行っています。

これは、昭和20年8月に、広島・長崎への原爆投下や、
「終戦の日」という歴史的な出来事があったからに他なりませんが、
ここでよくクローズアップされるのが、敗北を覚悟した日本軍の特攻隊です。

この選択は、現代では考えられない思想が日本軍に渦巻いていたからでしょうが、
一方で、もし米軍が「このこと」を理解していたら、必要以上に損害を被ることなく、
日本の若い兵士達も無駄に命を落とすことはなかったのかもしれません。

では「このこと」とは何でしょうか?
『孫子』「九変篇」(岩波文庫 金谷治 訳注)にその答えがありました。



「囲師には必ず欠き、窮寇(きゅうこう)には迫ること勿かれ。
此れ用兵の法なり。」

包囲した敵軍には必ず逃げ口を空けておき、進退窮まった敵をあまり追い詰めてはならない。
これが戦争の原則である。



戦争でも、仕事でも、普段の日常でも、捨て身になった人間ほど怖いものはなく、
玉砕覚悟でぶつかって来られたら、それなりの損害を被るかもしれない。
そうならないためにも、どんな相手にも逃げ道は残しておく方が良い、ということです。

特にビジネスシーンでは、部下指導・育成時に知っておくとよい言葉かもしれませんね。

親友が親友である理由

コラム:2018/08/17

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

8月も中旬が過ぎましたね。
毎年、お盆が過ぎると、夏の終わりが近づいていることを感じます。
もっとも今年の夏に限っては、それをあまり感じさせませんが(^_^;)。

お盆休みが明けると、私も東京の仕事が再開となります。
この「東京の仕事」に関連して、よく問われるのが私の毎回の宿泊場所です。

答えは「友人宅」もしくは「ホテル」なのですが、経費面や居心地の良さ踏まえ、
前者の利用が圧倒的に多くなっているというのが実情です。

いつも気さくに応じてくれる親友N君の存在は、今の私には貴重であり、
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

そんなN君の存在を知っている人から、こんな質問を受けたことがあります。

「友人のNさんは、どんな人なんですか?」

ふだん真剣に考えたこともなかったのですが、
あらためて口から出てきた言葉は・・・

・いつも私の話を最後まで聴いてくれる
・いつも私の味方でいてくれる
・いつも私を信じてくれている

こんな言葉を発した時に、あらためて気づいたことがあります。

「これって、(私が受講生に伝えている)コーチングマインドそのものじゃないか!」


注:コーチングマインド(銀座コーチングスクールテキストより一部抜粋)

・クライアントの中に答えがある
・クライアントの100%の味方である
・クライアントの無限の可能性を信じる

ことが、クライアントとの信頼関係を醸成させ、スキルを活かすことに繋がるという考え方


このことを通じて、私にとってN君が親友であること、
相手との信頼関係を築く上で「コーチングマインド」が
必要不可欠であることを再確認したのでした。

「上に雨ふりて水沫至らば、渉らんと欲する者は、其の定まるを待て。」

コラム:2018/08/10

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

今週に入り、不安定な天候が続いていますね。
日本各地で「観測史上最高気温を記録!」というニュースが流れたかと思えば、
都心ではゲリラ豪雨が発生、交通機関が一時ストップしてしまうようなことも。

今週初め、私は東京から名古屋に移動する新幹線の中にいましたが、
ちょうど私が関東を抜けた頃、同付近で集中的な豪雨があったようです。
一部の新幹線がストップしたということでしたから、運が良かったのかもしれません。

実は、『孫子』においても、天候や地形に関する表記が幾つか存在しています。
それだけ、当時の戦争は天候や地形に影響するものでもあったとも言えますね。

そこで今日は、雨天時おける戦争の心構えに関する一節を、
『孫子』「行軍篇」(岩波文庫 金谷 治 訳注)から読み解きたいと思います。



「上(かみ)に雨ふりて水沫(すいまつ)至らば、
渉(かた)らんと欲する者は、其の定まるを待て。」

上流が雨で川があわだって流れているときは[洪水の恐れがあるから、]
もし渡ろうとするならその流れのおちつくのを待ってからにせよ。



実際にそのような天候に遭ったら、その通りの対応が賢明なのでしょうが、
これをビジネスに置き換えてみると面白いですね。

つまり、状況が不利であるとわかっているにも関わらず、
計画を変更しないまま突き進むことは危険である、ということです。

ビジネスには「タイミング」というものがあり、
その状況が不利であれば一度は立ち止まる(あるいは計画変更する)
ことが大事である、ということを『孫子』「行軍篇」は教えてくれています。

当たり前のことのようですが、人はついつい近視眼的になるものです。
一事業者として肝に銘じておきたい言葉ですね。

自分に矢印が向いている残念な人たち

コラム:2018/08/03

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

8月になりましたね。
相変わらず暑い日が続いていますが、お変わりありませんか。

先週のコラムの中で、企画やルーティン等の仕事を行う際は、
事情が許す限り朝に行っている、という話をしました。

理由は、朝の方が頭が冴えて、考え事が進めやすいからですが、
特に夏場は、日照時間が長いことからもその方が良いかもしれませんね。
事実、このコラムも早朝に書いています(笑)。

さて、そんな夏場に(夏場だからなのか?)、
とても残念な人たちに立て続けに遭ってしまいました。

詳細に書くと個人情報がバレてしまうので、支障のない範囲で書きますと・・・

■平然と嘘をつく人

「実行する」と宣言したことに対して、平然と嘘をつき、実行しない人。
特に本件は、金銭が絡んでいるから厄介です。
詐欺に遭ったような状態であり、法的手段も考えなければいけません。

■自分の権利を主張する人

こちらの事情を一切考慮することなく、自分の権利のみを主張する人。
特にこの人とは面識がないのに、自己主張されるので、大変驚いています。

■自分の都合を押しつける人

上記に似ていますが、同じくこちらの事情を一切考慮することなく、
自分が困った時に、前触れもなく用件のみを振ってくる人。
(あなた、私とそんなに仲良しでしたっけ?笑)

「これらの人達の共通項は何だろう?」と考えてみると・・・
すべて「自分に矢印が向いている人たち」なんですね。
わかりやすく言えば「自分勝手な人たち」ということになるでしょうか。

そのうち2人は、コーチもしくはコーチングの学習者という事実にも驚きです(苦笑)。

自身の脇の甘さを痛感すると同時に、これらの事柄にどう対処するのか、
コーチとしての自己基盤が問われるところですね(^_^;)。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP