NEWS & COLUMN

声にすることでマインドセットを図る

コラム:2019/01/04

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の正月三が日は、私の住む地域では非常に穏やかな天候に恵まれました。
皆さんはどのように過ごされましたか?

きっと、初詣や行楽に出掛けた方も多かったのではないかと思います。
かくいう私は、今日、毎年恒例の伊勢神宮へ初詣に来ています。

ここ数年、毎年のように伊勢神宮に参拝していますが、
毎年訪れているにも関わらず、いつも新鮮で、身が引き締まる思いがします。

昨年大過なく過ごせたことへの御礼を伝え、今年の目標を伝えてくる。

そもそもそういう思いで訪れているから身が引き締まるのだと思いますが、
それだけではなく、目に見えない"気"の力を肌で感じるというのも
伊勢神宮特有の魅力(魔力?)であるように感じています。

さて、ではそこで、どんな目標を伝えて来たか?

本来ならば企業秘密ですが(笑)、一部をご紹介しますと、
昨年「2019年の漢字一字」でご紹介した【楽(しむ)】ことを
声に出して宣言してまいりました。

◆参考:「2019年の漢字一字」2018/12/07掲載
http://coaching-en.com/column/2018/12/2019.html

ポイントは"声に出す"ということです。

声を出す意図は、相手(この場合は神様)に思いを伝えるというだけでなく、
自分自身の思いを自ら聴くことで、自身のマインドセットを図ることにあります。

これは、コーチングスクールの受講生さんの受け売りなのですが、
例えば、何か問題に突き当たった時、「できない」とか「辛い」ではなく、
(たとえそう思っていなくても)「楽勝」とか「絶好調」と言ってみる。

すると、本当に気分が高揚して「楽勝(にできる)」とか、
「絶好調(だから乗り切れる)」という思考に変化するものなのです。
(良かったら試しに実践みてください)

皆さんの2019年が「楽勝」に過ごせる年になることをお祈りしております(^_^)。

「君命に受けざる所あり。」

コラム:2018/12/14

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

12月に入ってからというもの、前半は寒暖の差が激しく、
冬らしさを感じさせていませんでしたが、ここ数日は、
ようやく(?)冬らしい気温になって来ましたね。

毎月第2・4週を中心に綴ってきた中国古典『孫子』の
コラムも今回が年内最後となります。

少し前の話になりますが、ある大手企業でコーチングをメインにした
企業研修プロジェクト持ち上がり、私は企画段階から打合せに参加していました。

担当者との相性も良く、講師のデモンストレーションにおいても
高評価をいただいていたので、このままスムーズに進むかと思ったのですが・・・
ある時、担当者の上層部から思わぬ"横槍"が入りました。

同社において別会社で主催したコーチング研修の評価が思わしくなく、
「今後のコーチング研修のあり方を見直すように」とのことで、
順調に進んでいた私達の研修自体まで白紙に戻ってしまったのです。
さらに、気の毒なことに、その担当者は当該プロジェクトからも外れることに。

この時、私は、思わず『孫子』「九変篇」の下記の一節を思い出しました。
(『孫子』金谷治訳注・岩波文庫)



「塗(みち)に由らざる所あり。軍に撃たざる所あり。
城に攻めざる所あり。地に争わざる所あり。君命に受けざる所あり。」

道路は[どこを通ってもよさそうであるが]通ってはならない道路もある。
敵軍は[どれを撃ってもよさそうであるが]撃ってはならない敵軍もある。
城は[どれを攻めてもよさそうであるが]攻めてはならない城もある。
土地は[どこを奪取してもよさそうであるが]争奪してはならない土地もある。
君命は[どれを受けてもよさそうであるが]受けてはならない君命もある。



上司から受ける指示・命令が、時として現場では的外れであることがあります。
それは、上層部の無知による誤った指示・命令であることもあれば、
会議で決議された時は正しい判断だが、現場は刻々と状況が変わるため、
結果的に的外れな指示・命令になってしまうこともあります。

このような時、『孫子』では「現場の判断で上司の指示・命令に背くことも許される」
と述べているのです。

個人的な意見を言えば、この担当者にはぜひこれを実践して欲しかったのですが、
現代社会において上記のように動くことは、なかなか難しいのかもしれませんね。
特に今回のような大手企業の中の話であれば尚更でしょう。

ですが、もし担当者が上層部ときちんとリレーションを取れていれば、
「君命に受けざる」こともできたのかなぁと思うと残念でなりません。

元々この言葉は「上司に知識があってもそれが実践に活かさなければ意味がない」
ことを皮肉った言葉とのことですが、私には別の教訓を与えてくれました。

2019年の漢字一字

コラム:2018/12/07

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

12月に入り、寒さも本格的になってまいりました。
コートやマフラーが手放せない季節になりましたが、
一方で、この時期は、新しい年を迎えるにあたり、
「手放すもの」を見極める時期になるのではないでしょうか。

12月は、皆さんにとって「手放すもの」「手放さないもの」を
見極める期間にしても良いかもしれませんね。

ところで、12月は、私にとって「来年の漢字一字」を決める時期でもあります。

◆参考:「来年の漢字一字」2017/12/15掲載
http://coaching-en.com/column/2017/12/kanji.html

狙いは、「来年の漢字一字」をこの時期に定めることで、
来年の「目標設定」を行おうとするものです。
目標を漢字一字で表すため、目標が凝縮され、忘れにくく、
かつ、ブレにくいというメリットがあります。

実際、私は、このことを2010年12月から毎年実施していますが、
翌年振り返ってみると、概ねその通りの年なっているから不思議です。
皆さんにもぜひお勧めしたい目標設定方法ですね。

そこで、2019年の私の漢字一字は、以下の文字としました。

【楽】

「楽(らく)」ではなく(笑)、「楽(たの)しむ」です。

実は、この文字を思いついたのには伏線があります。
それは、11月30日掲載のコラムと関連があります。

◆参考:「之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむに如かず。」
http://coaching-en.com/column/2018/11/post-62.html

簡潔に言うと、私が信条としている事柄のひとつに「(仕事を)楽しむ」
というものがあるのですが、個人的にはこれが「成功のカギ」だと信じています。
2019年はあらためてそれを文字化し、常に意識しながら活動していこうというものです。

皆さんの「来年の漢字一字」は何ですか?

「之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむに如かず。」

コラム:2018/11/30

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

明日から12月に入りますね。
今年も残り1ヶ月となり、いよいよ季節は秋から冬へと移行しますね。

と、同時に、この時期は天候も良く、空気も澄んで、
景色も遠くまで見渡せる日々が多くなります。

先日も新幹線での移動中に、車中から美しい富士山を見ることができました。
ずっと眺めていられる霊峰に、心まで洗われる気持ちになりました。

今日のコラムでは、その移動中に読んだビジネス書の中にあった、
『論語』のある一節に目が奪われたことをご紹介したいと思います。

その一節とはこちらです。



「之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむに如かず。」

どんなに「知識・スキルを身につけた人」であっても、それを「好きでやっている人」には敵わない。
さらに「好きでやっている人」も、それを「楽しんでやっている人」には敵わないものである。



私は、自身の講座やコラムの中で、日々「(仕事を)楽しむ」ことを公言しています。
誤解を恐れずに言えば、その思いが「成功のカギ」になると信じているからです。
実際、この感覚を持ち続けることで、仕事が上手く回っていることを実感しています。

時に私のクライアントにお伝えすることもあります。
クライアントが悩んでいたり、行き詰っていたりした時に、こう尋ねます。

「それを楽しめていますか?」

出張の移動中に偶然目にした一節は、自身の信条を裏付けるものであり、
今後も自信を持って「(仕事を)楽しむ」ことを公言していけそうです。

「通り抜けはこちらをお通りください」

コラム:2018/11/16

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

毎年この時期になると、私の住む愛知県では紅葉が見頃を迎えます。
サラリーマン時代にはあまり眼に留めることのなかった秋の色づきも、
事業主となり、自分の時間をコントロールできるようになってくると、
それを感じ取ることができるようになるから不思議ですね。

さて、今日は、そんな晩秋の公園でたまたま見かけた
「立て看板」のことについてお話したいと思います。

その公園は、地理的に、駅と大通りの間に挟まれたような環境にありました。
普通に考えると、駅に向かう人、駅から大通りに出る人にとっては、
その公園が移動中のショートカットエリアになるわけです。
実際、公園内では、多くの方の行きかう姿が見えました。

一方で、公園には、子ども達の遊ぶスペースが確保されています。
公園の管理者や利用者としては、そのスペースを侵されたくはないですよね。

普通であれば、「園内通り抜け禁止」とか「通行者は園内に入るな」とか
書かれた看板が立ちそうですが、その公園の看板は洒落ていました。

通り抜けはこちらをお通りください

その文言が書かれた看板が示す矢印の先には、歩行者用の通路が確保されており、
ちゃんと通り抜けができるように整備されていたのです。
実際、通り抜けしようとする人達は、その看板の指示通りに通行していました。

これをコーチング的に解釈すると、こんな具合でしょうか。

すなわち、通り抜けする人達を頭ごなしに否定するのではなく、
まずは彼らをきちんと受け止めた上で、妥協点をみつける。
彼らは、認められているからこそ、公園側の意見にも従うことができる。

これがもし「園内通り抜け禁止」という表記であったら、
ここまで行儀よく通行していなかったのではないかな?と感じた次第です。

この公園の管理者には、秋空のように「あっぱれ!」を差し上げたいですね。

「衆を治むること寡を治むるが如くなるは、分数是れなり」

コラム:2018/11/09

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

11月も中盤に差し掛かると、そろそろ冬支度が始まりますね。
どんなに暑い夏が来ようとも、どんな大雨や台風が来ようとも、
日本には、ちゃんと秋が来て、その後には冬がやって来る・・・
そんな季節感を感じられることに幸せを感じる今日この頃です。

さて、話は少し前(2018年4月~9月)に遡りますが、
私はBNIというビジネスマーケティング組織で
チャプタープレジデントを務めていました。

チャプタープレジデントは、毎週開催される
ビジネスミーティングの議長を務めることが主な役割ですが、
そもそも、就任にあたっては、任期の半年間を
どのような運営方針のもとに進めて行くかという
「戦略」を立てる必要がありました。

また、人数不足の影響もあり、「戦略」を立てた後には、
チャプタープレジデントが自ら「戦術」を立てることもありました。

今日はその「戦術」面において、実は、『孫子』「兵勢篇」にある
こんな言葉を意識して実践していたということをご紹介します。



「凡そ衆(しゅう)を治むること寡(か)を治むるが如くなるは、分数是れなり。」

およそ[戦争に際して、]大勢の兵士を治めていてもまるで少人数を治めているように
[整然と]いくのは、部隊の編成がそうさせるのである。



もう少し分かりやすく言うと、たとえ大部隊であっても、
それを小部隊に分けてそれぞれを管理していくことで
整然と部隊は治められる、ということです。

具体的な事例としては、ビジネスミーティング後に行う
業務改善ミーティングなどでは、まずはグループ毎に意見を出し合ってもらい、
まとまった意見を発信してもらうということを実践していました。
これにより、ミーティングはかなりスムーズに進行したのはないかと感じています。

管理職やプロジェクトマネジャーの方にはお勧めの手法と言えそうですね。

「やらないこと」を決める

コラム:2018/11/02

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

11月になりましたね。
今年も残すところあと2ヶ月となりました。

この時期は、今年計画していたことが実践できたのか、
できなかったのかを振り返る時期でもありますね。

そして、もしできていないことがあれば、それをどうするのか?
来年に持ち越すのか、あるいは、中止にするのか?
そんなことを考える時期であると言えるでしょう。

そんな時、先日のコラムに書いた「時間管理のマトリクス」を活用して、
自分の現在抱えているものを「見える化」してみるのも良いでしょう。

■「重要度」と「緊急度」のマトリクス(2018/10/19)
http://coaching-en.com/column/2018/10/post-58.html

今日はこれに関連して、こんな思考の整理の仕方もある、
ということをご紹介したいと思います。それは・・・、

「やらないこと」を決める

一般に、人の思考は、「やる(べき)こと」に目が向くものです。
一方で、「やらないこと」については、それがネガティブな印象があるためか、
敢えて目を向けようとはしないのではないでしょうか。

私のクライアントには、個人事業主や中小企業の経営者がいらっしゃいますが、
その方々とセッションを行う時に、その方々との思考・行動の整理のために、
敢えて「やらないこと」に目を向けていただくことがあります。

例えば、ある中小企業の経営者に「やらないこと」を決めていただくと・・・、

・プレーヤーの仕事をしない(部下を信じて任せる)
・細かいことを指示しない(方向性のみを伝える)
・「半年先の着手でも間に合うこと」はしない
・地域の役員は引き受けない
・2次会には行かない

という具合になります。

「やる(べき)こと」ではなく「やらないこと」に焦点を当てる

それだけでも、随分と思考の整理が進み、
行動の促進が図れるものだと経験的に感じています。

「重要度」と「緊急度」のマトリクス

コラム:2018/10/19

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

10月中旬に入り清々しい気候が続いています。
個人的には年間で最も好きな時期であり、活動的になる季節でもあります。

そんな自身の状況を反映してか、おかげさまで仕事の受注も増えて来ています。
そうなると、当然のことながら仕事の優先順位をつける必要性が出て来ます。

そんな時、効果を発揮する考え方のひとつに、

「時間管理のマトリクス」

というものがあります。

これは、スティーブン・R・コーヴィ博士の『7つの習慣』の中で紹介されているもので、
仕事の優先順位を決める時などによく用いられるフレームワークなので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

参考までに、「時間管理のマトリクス」は以下のように分類されます。

■「緊急」かつ「重要」なもの(第一領域)
ex. 締め切りの迫った仕事、トラブル対応、クレーム処理、など

■「緊急」ではないが「重要」なもの(第二領域)
ex. 自己啓発につながるセミナー、事業計画、人材育成、など

■「緊急」だが「重要」でないもの(第三領域)
ex. 形式的な会議、電話対応、メール返信、など

■「緊急」でもなく「重要」でもないもの(第四領域)
ex. 必要以上の休憩、雑談、世間話、など

以上4つの領域をマトリクス上に書き表し、実際に自分の仕事を当てはめてみると、
思いの外、仕事の優先順位を付けやすくなるものです。

私の場合、これをクライアントに行ってもらう(コーチと一緒に項目を洗い出すイメージ)ことがあり、
これを実施することによって、クライアントは、思考の整理や行動の促進に繋がるようです。

・時間管理が上手くいかない
・物事の優先順位が定まらない
・つい気持ちだけが焦ってしまう

といった状態のクライアント(または、あなた自身)がいたら、
「時間管理のマトリクス」を一度活用してみると良いかもしれませんね。

「信念」と「信条」

コラム:2018/10/05

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

10月に入りましたね。
個人的には一年で最も好きな季節のひとつです。

なぜかと言いますと、気候が清々しく、日々過ごしやすいため、
仕事を始め、スポーツやレジャー等、すべてのことに活動的になれるからです。
また、山々の木々が徐々に秋色に色づいていくのもいいですね。

また、この時期は、年度の折り返し地点ということもあり、
職場においては異動・転勤があったり、
コミュニティやサークルにおいては役員交代があったりします。

そのような変化があることも、気持ちをリセットできるという点で、
私が10月を好きな理由のひとつかもしれません。

このように、10月は身のまわりに変化が起こる月でもありますが、
一方で、季節や時期を問わず、変わらないものもあります。

それは、「信念」と「信条」。

わかりにくいと思いますので、あらためてここで
定義を確認しておきます(「デジタル大辞泉」より)。

◆信念
正しいと信じる自分の考え

◆信条
堅く信じて守っている事柄

ここで一例として、私の「信念」「信条」を挙げておきますと・・・

◆大石の信念
・継続は力なり
・起きていることにはすべて意味がある
・他者を幸せにするには自分が幸せであること

◆大石の信条
・言行一致
・「中庸(=バランス感覚)」を目指す 
・仕事を楽しむ

ここで私がお伝えしたいことは、

その人の「信念」が「信条」が明確であると、ブレない自分でいられる

ということです。さらに、「ブレない自分でいられる」ということは、

「人に影響力を与える人物になる」ための素地ができる

ということですね。

私の周りには、プロコーチを目指して活動しているものの、
なかなか思うように成果が出せない、と嘆く方が少なからずいらっしゃいます。
その様子を見ていると、私には結構「ブレている」ように映ります。

そのような方は、美辞麗句を並べ立てるより、自らの「信念」「信条」を
まず明確にすることが大切なのかもしれませんね。

「信用」と「信頼」

コラム:2018/09/21

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

9月も中旬を過ぎ、ようやく秋らしさを感じさせる気候となりましたね。
秋は、お出かけするにも、運動するにも、学習するにも良い季節。
果たしてあなたは、この秋をどのように過ごしますか?

私は、地元の愛知でBNI(http://www.bni.jp/ja/index)という組織に所属していますが、
毎年この時期は、次期の役割選出とそのためのトレーニングが行われます。

先日、このトレーニングに参加してきたのですが、
トレーナーの発言の中に「信用」と「信頼」という言葉がありました。
その時、私は、彼が2つの言葉を意図的に使い分けているように感じたのです。

残念ながら、具体的にどのように使い分けていたのかは忘れてしまいましたが(^_^;)、
これをきっかけに、あらためてこの2つの言葉の意味を考えてみようと思った次第です。

早速、それぞれの言葉の意味を調べてみると・・・(「デジタル大辞泉」より)


◆信用
①確かなものと信じて受け入れること
②それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。

◆信頼
信じて頼りにすること。頼りになると信じること。


意味を調べてみると、その違いがよく分かりますね。
私なりに言い換えてみると、以下のようになるでしょうか。

「信用」とは、物質的なものや実績など、「確実なもの」に基づき判断するもの
「信頼」とは、その人の性格や人柄など、「可能性」を信じて判断するもの

「信用」とは「信頼」の積み重ねから生まれるものであり、逆に言えば、
「信頼」を積み重ねることで初めて「信用」ができる、と言えましょう。

これは、コーチがクライアントを獲得する際にも同様のことが言えそうです。
つまり、クライアントがコーチのことを信頼していなければ、
信用してお金を出そうという気にはならない、ということですね(^_^;)。

「信用」と「信頼」。
プロコーチとして、肝に銘じておきたい言葉の違いです。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP