NEWS & COLUMN

「戦略」と「戦術」

コラム:2018/07/06

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

7月に入り、関東・東海地方では早くも梅雨が空けましたね。
梅雨空けとともに強い日差しが照りつけ、今度は外に出ることが億劫になります。
場所によっては、気温が35度を超える地域も出ているとのこと、
皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。

一方、海外では、サッカーワールドカップが盛り上がっていますね。
日本も2大会ぶりに決勝トーナメントに駒を進めることができで、
日本代表チームには、私達に感動と一体感を与えてくれました。
選手達には心から感謝の気持ちを伝えたいですね。

そこで今日は、このワールドカップで、日本代表チームが
予選通過を図るために行った「パス回し」を題材にして、
「戦略」と「戦術」という言葉の使い方についてお話したいと思います。

多くのメディアでは、この「パス回し」のことを「(西野監督の)戦略」
という言葉を用いて賛否を問うていましたが、その話を聞きながら、
私はどこかで言葉の使い方に違和感を感じていました。

すなわち、

戦略とは「(組織やチームが)運営していくための将来を見通した方策」であり、
戦術とは「目標を達成するための具体的な手段、実践的な計画」という意味があります。

この意味に準ずれば、

戦略とは「フェアプレイポイントを利用して決勝トーナメントに進出する」ことであり、
戦術とは「(戦略を達成するために)パス回しを徹底し時間を稼ぐ」ということになりますね。

なので、「パス回し」は、あくまで目的を果たすための「戦術」ということになります。

・・・と言いつつも、意味はどちらでも通るので、細かい話にはなりますが、
言葉を使った仕事をしている以上「言葉の意味は正しく使ってほしい」
という思いがあるため、このような話をさせていただきました(^_^;)。

「正しい言葉」は「正しい思考」につながり、
「正しい思考」は「正しい行動」につながりますからね。

PAGE TOP