NEWS & COLUMN

小さな成功体験を積み重ねる

コラム:2019/02/15

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

今日は2月15日。2月も折り返し地点ですね。

先週の金曜日には、日本列島に大寒波が襲いましたね。
特に北海道では、気温がマイナス30度近くにもなったとか。
都心でも降雪があり、クラス開講を危ぶむような一場面もありました。
結果的には、思ったほどの積雪はなく、無事に開講することができましたが。

それから一週間、幾分、寒さも緩んで来ているような気がします。

さて、今日は、日々のコーチング実践の中で、
私が大切にしたいと感じていることについて書きたいと思います。

それは、クライアントが「小さな成功体験を積み重ねる」ということです。

コーチングとは、クライアントとの協働関係をベースに、
セッションを継続し、成果を積み上げ、(長期)目標を達成する姿です。

なので、一般的には、結果が出るまでに少々時間が掛かるものです。
言い換えれば、そのようなテーマが「コーチング向きのテーマ」であるとも言えましょう。

さて、さきほど「セッションを継続し、成果を積み上げ」と書きましたが、
仮に「セッションを継続し」ても、「成果を積み上げ」ることがないと、
クライアントはどうなっていくと思いますか?

そう、だんだんとモチベーションが低下して、行動のパフォーマンスが落ちて行きます。
結果、ますます成果は出にくくなり、果ては、自信を失ってしまいます。

これを回避するために、「小さな成功体験を積み重ねる」ことが必要になってきます。
「小さな成功体験」とは「必ず達成できる目標地点に到達する」と読み替えても良いでしょう。

これを次回のセッションまでに果たすことを、クライアントとコーチが"握る"。
達成したら、クライアントとコーチが、共に成功を分かち合う。

この繰り返しが、クライアントの自信を持たせることに繋がるため、
これは、コーチングをうまく機能させるための要因である言えるでしょう。

コーチングは、「大きな(長期)目標」を見定める一方で、
それは「小さな(短期)目標の達成の積み重ねである」
ことを常に肝に銘じておかなければいけませんね。

「凡そ用兵の法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ」

コラム:2019/02/08

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

自社の研修プログラムである『協働型リーダーシップ』が
昨年末頃から徐々にお問い合わせをいただいたり、
採用していただたりするようになりました。

『協働型リーダーシップ』の構成は、簡潔に言いますと、以下のとおりとなります。

■鍛える:部下に良い影響力を与えるための「人間力」を鍛える
■築く:部下との信頼関係を築く
■動かす:部下を巻き込み、主体的に動かす

研修では、それぞれのステップにおいて必要な知識とスキルをお伝えしていますが、
今日は、その中でも「動かす」の中にある「提案」スキルについて触れたいと思います。

「提案」スキルは、その名前のとおり「相手に議案や意見を提示すること」ですが、
このスキルを使用する際のポイントは、「選択権は相手にある」という前提を持つことです。
言い換えれば、相手に主導権を与えることで、「自分で決めた!」という思いを持たせることです。

ここで、『孫子(諜攻篇)』内にある下記の一節を読んでみたいと思います。
こちらには、この「提案」スキルを想起させるような言葉があります。



「凡そ用兵の法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ」

およそ戦争の原則としては、敵国を傷つけずにそのままで降伏させるのが上策で、
敵国を討ち破って屈服させるのはそれに劣る。



現代のビジネスシーンに置き換えると、人を動かそうとするならば、
相手の意向を尊重せずに、こちらから「指示・命令」するよりも、
相手の意向を尊重して、相手に決めさせたほうが行動に繋がりやすい、
ということが言えそうです。

もっとも、これは「指示・命令」を否定するものではありません。
緊急事態やトラブル対応時などは、むしろ「指示・命令」することを
徹底した方が良いだろうということは付け加えておきますね。

自己成長の旅

コラム:2019/02/01

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

早いもので、2019年もすでに1ヶ月が経ちましたね。
この1ヶ月間は、おかげさまで仕事の量・質に恵まれ、
忙しく過ごす(←私の場合は褒め言葉)ことができました。

周囲では、インフルエンザ等で体調を崩す方も多い中、
大過なく過ごすことができたのは、本当に感謝しかありません。

そういう意味では、この1月、体調面は良好だったのですが、
精神面では、ややざわつく出来事がありました。

これは、私の知っている方の話です。
個人情報に抵触しない範囲で申し上げますと・・・

・自分が「こうだ!」と決めたら、猪突猛進(亥年だけに 笑)、
 すぐに行動を起こしてしまう。

・行動を起こすことについて、常識的に考えれば
 私に相談・報告があってしかるべきなのに、それがない。

・結果的に、その行動が周囲を巻き込んでしまい、
 周りに戸惑いが生じてしまう(→そのことが私の耳に入る)。

コーチングに関わる40代のいい大人が、です。

「常識のない人だな」
「コミュニケーション下手な人だな」
「一事が万事」

と、いろいろなことを考えてしまい、つい、心がざわついたわけです。

一方で、コーチングを生業にする身として、こんなことも考えます。
果たして、自分はこの人を「認める」ことができているのか、と。

・・・残念ながら「否」です。

ただ、このように思えるようになったこと(=自己承認)、
また、言えるようになったこと(=自己開示)は、
以前と比べれば自分も成長したのかな?とも思います。

「自己成長の旅」は、今年もまだまだ続きますね(笑)。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、...」

コラム:2019/01/18

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

私の2019年は、1月10日から本格的に始動いたしました。
具体的には、GCSのレギュラークラスや企業研修などです。

年末年始は地元愛知で過ごし、約2週間ぶりに上京したのですが、
実は、上京する前までは、どうもやる気が起きない、
いわゆるエンジンのかからない状態に陥っていました。

とはいえ、私の場合、現在は東京が活動の中心になっていますので、
そんな悠長なことは言ってられません。自らを鼓舞して上京したわけですが・・・
わずか半日で、私の頭と身体はフル回転、あっという間に"日常"へと戻りました。

やはり、人は、適応力と言いますか、その立場に置かれたら(戻ったら)、
気持ちと身体がリセット・リスタートできるようになっているものですね。

さて、1月からは、早速、新しい企業研修が始まりますが、ここで私は、
今までの研修では再現性の低かったある事柄を実践しようと考えています。

それは、「デモンストレーション」を実施すること。

具体的には、研修の実践ワークを行う際に、講師(私)が受講者の前で
いわゆる「お手本」を見せるということです。

これまでの研修では、時間の都合上、これを実施したり・しなかったりでした。
デモンストレーションを実施した方が、確実に受講者の理解・行動に
繋がっていることが分析できたため、今後、必須項目として実施することにしました。

ところで、デモンストレーションを実施することは、年末年始の読書の際に触れた
太平洋戦争時の連合艦隊司令長官・山本五十六の名言にも影響を受けています。
一度は聞いた、あるいは、見たことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。



やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。



当たり前のことですが、「伝える」だけでなく「やってみせる」。
対象者のより多くの感覚(五感)に働きかけた方が、
人の理解・行動に繋がりやすいということです。

ちなみに、この名言には続きがあることをご存知でしょうか。



話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。



後半部分は、コーチのあるべき姿に共通する部分も多いですね。
2019年、私の講師・コーチとしてのスタンスは、山本五十六の名言に学ぼうと思います。

「善く戦う者は、これを勢に求めて人に責(もと)めず」

コラム:2019/01/11

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

今日は鏡開きの日ですね。
我が家では、お供えした餅を食べるという風習はありませんが、
この日はしっかりと神仏に感謝し、無病息災を祈りたいと思います。

振り返ってこのお正月、皆さんはどのように過ごされましたか?
私は、毎年この時期は、たいてい時間にゆとりができますので、
仕事の「貯金」を心掛けるようにしています。

「貯金」とは何か?

具体的には、新しくスタートするクラス・研修の企画・準備、
メルマガやコラムの原稿書き、(仕事のための)読書、などです。

おそらく時間を要するであろう仕事を予め計画立てておき、
この時期に集中的にこなすようにしています。

これらのことを私は「貯金」と位置づけているわけですが、
それを実践する背景には、『孫子』(勢篇)の下記のような考え方があります。



「善く戦う者は、これを勢に求めて人に責(もと)めず」

戦いに巧みな人は、戦いの勢いによって勝利を得ようと求めて、人材に頼ろうとはしない



そもそも、私は個人事業主という立場なので、「人材に頼ろう」とはしていないのですが、
注目してほしいのは、「勢いによって(勝利を得よう)」という箇所です。

個人事業主ゆえ、好不調の波には直接さらされますし、図らずとも、
体調を崩したり意欲を失ったりする"不調の波"があることでしょう。

その時に備え、仕事の「貯金」をしておく。
そうすることで、いざ、不調に陥った時でも平静でいられるようになり、
やがて"好調の波"がやって来た時に、「貯金」をベースにして、
しっかりと波に乗ることができるようになるからです。

声にすることでマインドセットを図る

コラム:2019/01/04

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の正月三が日は、私の住む地域では非常に穏やかな天候に恵まれました。
皆さんはどのように過ごされましたか?

きっと、初詣や行楽に出掛けた方も多かったのではないかと思います。
かくいう私は、今日、毎年恒例の伊勢神宮へ初詣に来ています。

ここ数年、毎年のように伊勢神宮に参拝していますが、
毎年訪れているにも関わらず、いつも新鮮で、身が引き締まる思いがします。

昨年大過なく過ごせたことへの御礼を伝え、今年の目標を伝えてくる。

そもそもそういう思いで訪れているから身が引き締まるのだと思いますが、
それだけではなく、目に見えない"気"の力を肌で感じるというのも
伊勢神宮特有の魅力(魔力?)であるように感じています。

さて、ではそこで、どんな目標を伝えて来たか?

本来ならば企業秘密ですが(笑)、一部をご紹介しますと、
昨年「2019年の漢字一字」でご紹介した【楽(しむ)】ことを
声に出して宣言してまいりました。

◆参考:「2019年の漢字一字」2018/12/07掲載
http://coaching-en.com/column/2018/12/2019.html

ポイントは"声に出す"ということです。

声を出す意図は、相手(この場合は神様)に思いを伝えるというだけでなく、
自分自身の思いを自ら聴くことで、自身のマインドセットを図ることにあります。

これは、コーチングスクールの受講生さんの受け売りなのですが、
例えば、何か問題に突き当たった時、「できない」とか「辛い」ではなく、
(たとえそう思っていなくても)「楽勝」とか「絶好調」と言ってみる。

すると、本当に気分が高揚して「楽勝(にできる)」とか、
「絶好調(だから乗り切れる)」という思考に変化するものなのです。
(良かったら試しに実践みてください)

皆さんの2019年が「楽勝」に過ごせる年になることをお祈りしております(^_^)。

「君命に受けざる所あり。」

コラム:2018/12/14

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

12月に入ってからというもの、前半は寒暖の差が激しく、
冬らしさを感じさせていませんでしたが、ここ数日は、
ようやく(?)冬らしい気温になって来ましたね。

毎月第2・4週を中心に綴ってきた中国古典『孫子』の
コラムも今回が年内最後となります。

少し前の話になりますが、ある大手企業でコーチングをメインにした
企業研修プロジェクト持ち上がり、私は企画段階から打合せに参加していました。

担当者との相性も良く、講師のデモンストレーションにおいても
高評価をいただいていたので、このままスムーズに進むかと思ったのですが・・・
ある時、担当者の上層部から思わぬ"横槍"が入りました。

同社において別会社で主催したコーチング研修の評価が思わしくなく、
「今後のコーチング研修のあり方を見直すように」とのことで、
順調に進んでいた私達の研修自体まで白紙に戻ってしまったのです。
さらに、気の毒なことに、その担当者は当該プロジェクトからも外れることに。

この時、私は、思わず『孫子』「九変篇」の下記の一節を思い出しました。
(『孫子』金谷治訳注・岩波文庫)



「塗(みち)に由らざる所あり。軍に撃たざる所あり。
城に攻めざる所あり。地に争わざる所あり。君命に受けざる所あり。」

道路は[どこを通ってもよさそうであるが]通ってはならない道路もある。
敵軍は[どれを撃ってもよさそうであるが]撃ってはならない敵軍もある。
城は[どれを攻めてもよさそうであるが]攻めてはならない城もある。
土地は[どこを奪取してもよさそうであるが]争奪してはならない土地もある。
君命は[どれを受けてもよさそうであるが]受けてはならない君命もある。



上司から受ける指示・命令が、時として現場では的外れであることがあります。
それは、上層部の無知による誤った指示・命令であることもあれば、
会議で決議された時は正しい判断だが、現場は刻々と状況が変わるため、
結果的に的外れな指示・命令になってしまうこともあります。

このような時、『孫子』では「現場の判断で上司の指示・命令に背くことも許される」
と述べているのです。

個人的な意見を言えば、この担当者にはぜひこれを実践して欲しかったのですが、
現代社会において上記のように動くことは、なかなか難しいのかもしれませんね。
特に今回のような大手企業の中の話であれば尚更でしょう。

ですが、もし担当者が上層部ときちんとリレーションを取れていれば、
「君命に受けざる」こともできたのかなぁと思うと残念でなりません。

元々この言葉は「上司に知識があってもそれが実践に活かさなければ意味がない」
ことを皮肉った言葉とのことですが、私には別の教訓を与えてくれました。

2019年の漢字一字

コラム:2018/12/07

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

12月に入り、寒さも本格的になってまいりました。
コートやマフラーが手放せない季節になりましたが、
一方で、この時期は、新しい年を迎えるにあたり、
「手放すもの」を見極める時期になるのではないでしょうか。

12月は、皆さんにとって「手放すもの」「手放さないもの」を
見極める期間にしても良いかもしれませんね。

ところで、12月は、私にとって「来年の漢字一字」を決める時期でもあります。

◆参考:「来年の漢字一字」2017/12/15掲載
http://coaching-en.com/column/2017/12/kanji.html

狙いは、「来年の漢字一字」をこの時期に定めることで、
来年の「目標設定」を行おうとするものです。
目標を漢字一字で表すため、目標が凝縮され、忘れにくく、
かつ、ブレにくいというメリットがあります。

実際、私は、このことを2010年12月から毎年実施していますが、
翌年振り返ってみると、概ねその通りの年なっているから不思議です。
皆さんにもぜひお勧めしたい目標設定方法ですね。

そこで、2019年の私の漢字一字は、以下の文字としました。

【楽】

「楽(らく)」ではなく(笑)、「楽(たの)しむ」です。

実は、この文字を思いついたのには伏線があります。
それは、11月30日掲載のコラムと関連があります。

◆参考:「之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむに如かず。」
http://coaching-en.com/column/2018/11/post-62.html

簡潔に言うと、私が信条としている事柄のひとつに「(仕事を)楽しむ」
というものがあるのですが、個人的にはこれが「成功のカギ」だと信じています。
2019年はあらためてそれを文字化し、常に意識しながら活動していこうというものです。

皆さんの「来年の漢字一字」は何ですか?

「之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむに如かず。」

コラム:2018/11/30

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

明日から12月に入りますね。
今年も残り1ヶ月となり、いよいよ季節は秋から冬へと移行しますね。

と、同時に、この時期は天候も良く、空気も澄んで、
景色も遠くまで見渡せる日々が多くなります。

先日も新幹線での移動中に、車中から美しい富士山を見ることができました。
ずっと眺めていられる霊峰に、心まで洗われる気持ちになりました。

今日のコラムでは、その移動中に読んだビジネス書の中にあった、
『論語』のある一節に目が奪われたことをご紹介したいと思います。

その一節とはこちらです。



「之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむに如かず。」

どんなに「知識・スキルを身につけた人」であっても、それを「好きでやっている人」には敵わない。
さらに「好きでやっている人」も、それを「楽しんでやっている人」には敵わないものである。



私は、自身の講座やコラムの中で、日々「(仕事を)楽しむ」ことを公言しています。
誤解を恐れずに言えば、その思いが「成功のカギ」になると信じているからです。
実際、この感覚を持ち続けることで、仕事が上手く回っていることを実感しています。

時に私のクライアントにお伝えすることもあります。
クライアントが悩んでいたり、行き詰っていたりした時に、こう尋ねます。

「それを楽しめていますか?」

出張の移動中に偶然目にした一節は、自身の信条を裏付けるものであり、
今後も自信を持って「(仕事を)楽しむ」ことを公言していけそうです。

「通り抜けはこちらをお通りください」

コラム:2018/11/16

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

毎年この時期になると、私の住む愛知県では紅葉が見頃を迎えます。
サラリーマン時代にはあまり眼に留めることのなかった秋の色づきも、
事業主となり、自分の時間をコントロールできるようになってくると、
それを感じ取ることができるようになるから不思議ですね。

さて、今日は、そんな晩秋の公園でたまたま見かけた
「立て看板」のことについてお話したいと思います。

その公園は、地理的に、駅と大通りの間に挟まれたような環境にありました。
普通に考えると、駅に向かう人、駅から大通りに出る人にとっては、
その公園が移動中のショートカットエリアになるわけです。
実際、公園内では、多くの方の行きかう姿が見えました。

一方で、公園には、子ども達の遊ぶスペースが確保されています。
公園の管理者や利用者としては、そのスペースを侵されたくはないですよね。

普通であれば、「園内通り抜け禁止」とか「通行者は園内に入るな」とか
書かれた看板が立ちそうですが、その公園の看板は洒落ていました。

通り抜けはこちらをお通りください

その文言が書かれた看板が示す矢印の先には、歩行者用の通路が確保されており、
ちゃんと通り抜けができるように整備されていたのです。
実際、通り抜けしようとする人達は、その看板の指示通りに通行していました。

これをコーチング的に解釈すると、こんな具合でしょうか。

すなわち、通り抜けする人達を頭ごなしに否定するのではなく、
まずは彼らをきちんと受け止めた上で、妥協点をみつける。
彼らは、認められているからこそ、公園側の意見にも従うことができる。

これがもし「園内通り抜け禁止」という表記であったら、
ここまで行儀よく通行していなかったのではないかな?と感じた次第です。

この公園の管理者には、秋空のように「あっぱれ!」を差し上げたいですね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP