NEWS & COLUMN

「上に雨ふりて水沫至らば、渉らんと欲する者は、其の定まるを待て。」

コラム:2018/08/10

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

今週に入り、不安定な天候が続いていますね。
日本各地で「観測史上最高気温を記録!」というニュースが流れたかと思えば、
都心ではゲリラ豪雨が発生、交通機関が一時ストップしてしまうようなことも。

今週初め、私は東京から名古屋に移動する新幹線の中にいましたが、
ちょうど私が関東を抜けた頃、同付近で集中的な豪雨があったようです。
一部の新幹線がストップしたということでしたから、運が良かったのかもしれません。

実は、『孫子』においても、天候や地形に関する表記が幾つか存在しています。
それだけ、当時の戦争は天候や地形に影響するものでもあったとも言えますね。

そこで今日は、雨天時おける戦争の心構えに関する一節を、
『孫子』「行軍篇」(岩波文庫 金谷 治 訳注)から読み解きたいと思います。



「上(かみ)に雨ふりて水沫(すいまつ)至らば、
渉(かた)らんと欲する者は、其の定まるを待て。」

上流が雨で川があわだって流れているときは[洪水の恐れがあるから、]
もし渡ろうとするならその流れのおちつくのを待ってからにせよ。



実際にそのような天候に遭ったら、その通りの対応が賢明なのでしょうが、
これをビジネスに置き換えてみると面白いですね。

つまり、状況が不利であるとわかっているにも関わらず、
計画を変更しないまま突き進むことは危険である、ということです。

ビジネスには「タイミング」というものがあり、
その状況が不利であれば一度は立ち止まる(あるいは計画変更する)
ことが大事である、ということを『孫子』「行軍篇」は教えてくれています。

当たり前のことのようですが、人はついつい近視眼的になるものです。
一事業者として肝に銘じておきたい言葉ですね。

自分に矢印が向いている残念な人たち

コラム:2018/08/03

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

8月になりましたね。
相変わらず暑い日が続いていますが、お変わりありませんか。

先週のコラムの中で、企画やルーティン等の仕事を行う際は、
事情が許す限り朝に行っている、という話をしました。

理由は、朝の方が頭が冴えて、考え事が進めやすいからですが、
特に夏場は、日照時間が長いことからもその方が良いかもしれませんね。
事実、このコラムも早朝に書いています(笑)。

さて、そんな夏場に(夏場だからなのか?)、
とても残念な人たちに立て続けに遭ってしまいました。

詳細に書くと個人情報がバレてしまうので、支障のない範囲で書きますと・・・

■平然と嘘をつく人

「実行する」と宣言したことに対して、平然と嘘をつき、実行しない人。
特に本件は、金銭が絡んでいるから厄介です。
詐欺に遭ったような状態であり、法的手段も考えなければいけません。

■自分の権利を主張する人

こちらの事情を一切考慮することなく、自分の権利のみを主張する人。
特にこの人とは面識がないのに、自己主張されるので、大変驚いています。

■自分の都合を押しつける人

上記に似ていますが、同じくこちらの事情を一切考慮することなく、
自分が困った時に、前触れもなく用件のみを振ってくる人。
(あなた、私とそんなに仲良しでしたっけ?笑)

「これらの人達の共通項は何だろう?」と考えてみると・・・
すべて「自分に矢印が向いている人たち」なんですね。
わかりやすく言えば「自分勝手な人たち」ということになるでしょうか。

そのうち2人は、コーチもしくはコーチングの学習者という事実にも驚きです(苦笑)。

自身の脇の甘さを痛感すると同時に、これらの事柄にどう対処するのか、
コーチとしての自己基盤が問われるところですね(^_^;)。

「朝の気は鋭、昼の気は惰、暮れの気は帰」

コラム:2018/07/27

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

今日は7月最後の週末。暑さも一入(ひとしお)ですね。

ところで、皆さんは何処でお仕事をされていますか?

多くの方はクーラーの効いた室内でしょうか。
中には、外で働く方もいらっしゃることでしょう。
この時期、特にご注意くださいね。

私の場合、自宅オフィスで仕事をする場合は、
夏であっても、極力クーラーを使わないようにしています。
(もちろん、窓を開け、扇風機を使用していますけどね。)
理由は、健康と経費節減のためです(笑)。

では、皆さんは、何時、仕事をされていますか?

会社員の多くは、日中(9~18時頃)とお答えになるでしょう。
シフト勤務等で夜間と言われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

私の場合、講座・セミナーやセッションは、昼・夜間に行うことが多いですが、
企画やルーティン等の事務仕事は、事情が許す限り、朝に行っています。
もっとも、私の言う朝は「6~12時」と長いですが(笑)。
理由は、経験上、そのほうが頭が冴えているからに他なりません。

これを裏付けるような一節が、『孫子』の中にあるのことをご存知でしょうか。
以下、『孫子』「軍争篇」(岩波文庫 金谷 治 訳注)から紐解きたいと思います。



「是の故に朝の気は鋭(えい)、昼の気は惰(だ)、暮れの気は帰(き)。
故に善く兵を用うる者は、其の鋭気を避けてその惰帰を撃つ。」

(そこで)朝がたの気力は鋭く、昼ごろの気力は衰え、暮れ方の気力は
尽きてしまうものであるから、戦争の上手な人は、相手の鋭い気を避けて、
その衰えてしぼんだところを撃つ。



『孫子』では、「相手に何かを仕掛ける時は昼・夜が適している」ということになりますが、
自分自身に置き換えると「何かを行う時は朝が適している」ということになりますね。

あらためて『孫子』を振り返ってみると、これはそのまま、現代社会の上司-部下、
あるいは、営業-クライアントとの関係性にも適用できそうです。

例えば、上司-部下の関係性で言うならば、
何かお伺いを立てようとする時などが有効かもしれません。

つまり、上司を自分の意向通りにさせようと思ったら、
上司の気力が充実している朝よりも、ぼんやりしがちな昼か、
疲れている夜の方が効果的である、ということですね(笑)。

紹介した″後″が大事

コラム:2018/07/20

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

連日、35度を超える猛暑日が続いていますね。
皆さまにはお変わりないでしょうか。

私は一事業主なので、特に季節感なく仕事をしておりますが、
この時期が繁忙期という方もいらっしゃることでしょう。
くれぐれもご自愛くださいね。

さて、今日のコラムは、最近私が感じていることを書きたいと思います。

私は仕事柄、日々、多くの方々に接しています。
そのたび、与えられた環境や立場に感謝する日々です。

結果的に多くの人脈ができますので、人を紹介する機会も自ずと増えます。
時には頼まれることもありますし、私から積極的に行うこともあります。

ただ、いずれの場合も残念に思うことがあります。

それは、紹介した方(あるいは、された方)から、
「その後の進捗報告や結果報告がない」という残念な事実です。

もちろん、きちんとできている方もいらっしゃいますが、
できていない方のほうが圧倒的に多いなという実感があります。

人を紹介した経験のある方ならよく分かると思うのですが、
実は紹介した側の方がそのことをよく覚えていて、
その後の進捗や結果を気にしているものなんですよね(^_^;)。

少なくとも、私は、自分が紹介した相手から(特に頼まれた場合)、
その後の進捗報告や結果報告がないと、とても残念に思いますし、
「もうこの人に紹介することをやめようかな」と感じることもあります。

「小事が大事」という諺がありますが、「人を紹介する」ということは、
それが当てはまる端的な例と言えるのではないでしょうか。
自戒の念を込めてm(__)m。

「将に五危あり」

コラム:2018/07/13

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

7月も中盤も迎え、全国的に梅雨明けの天候となりましたね。
7月上旬には中国・四国で記録的な集中豪雨が発生し、甚大な被害を及ぼしました。
被災に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

7月上旬と言えば、サッカーワールドカップの決勝トーナメントが行われ、
日本も2大会ぶりに決勝トーナメントに駒を進めることができました。

結果は惜しくも「ベスト16」に留まりましたが、
日本サッカーの強さを海外に証明することができたのではないでしょうか。

その日本代表チームを率いた監督の西野朗監督とともに、
今回注目を集めたのが、キャプテンを務めた長谷部誠選手でした。
尤も、注目を集めたのは、ベルギー戦終了後のインタビューで、
彼自身が代表チームのキャプテンを降りることを宣言した後からではありますが。

彼のキャプテンシー(キャプテンとしてチームを統率する力)を見ていて、
私は『孫子』の「九変篇」にある下記の言葉を思い出しました。



「(故に)将に五危あり。必死は殺され、必生は虜にされ、忿速は侮られ、
廉潔は辱められ、愛民は煩さる。凡そ此の五つの者は将の過ちなり、用兵の災いなり。
軍を覆し将を殺すは、必ず五危を以てす。察せざるべからざるなり。」

(そこで)将軍にとっては五つの危険なことがある。決死の覚悟で[かけ引きを知らないで]
いるのは殺され、、生きることばかりを考えて[勇気に欠けて]いるのは捕虜にされ、
気みじかで怒りっぽいのは侮られ計略におちいり、利欲がなくて清廉なのは
恥ずかしめられて計略におちいり、兵士を愛するのは兵士の世話で苦労させられる。
おおよそこれら五つのことは、将軍として過失であり、戦争をするうえで害になることである。
軍隊を滅亡させて将軍を戦死させるのは、必ずこの五つの危険のどれかであるから、
十分に注意しなければならない。



これをビジネスのリーダー像に置き換えてみるとどうなるでしょうか。

・必死 ... 猪突猛進タイプ
・必生 ... 慎重タイプ
・忿速 ... 短気タイプ
・廉潔 ... 清廉潔白(堅物)タイプ
・愛民 ... 慈愛タイプ

ここでは、それ自体が良くないというよりも、
それぞれが「過剰」であることが良くない、と捉えるべきでしょう。

言い換えれば、求められるべきリーダーとは、
それぞれの要素をバランスよく兼ね備えた人物である、と言えるのではないでしょうか。

長谷部誠選手が日本代表チームのキャプテンを8年に渡り務めることができたのは、
この"バランス力"があったからだと私は思うのです。

「戦略」と「戦術」

コラム:2018/07/06

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

7月に入り、関東・東海地方では早くも梅雨が空けましたね。
梅雨空けとともに強い日差しが照りつけ、今度は外に出ることが億劫になります。
場所によっては、気温が35度を超える地域も出ているとのこと、
皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。

一方、海外では、サッカーワールドカップが盛り上がっていますね。
日本も2大会ぶりに決勝トーナメントに駒を進めることができで、
日本代表チームには、私達に感動と一体感を与えてくれました。
選手達には心から感謝の気持ちを伝えたいですね。

そこで今日は、このワールドカップで、日本代表チームが
予選通過を図るために行った「パス回し」を題材にして、
「戦略」と「戦術」という言葉の使い方についてお話したいと思います。

多くのメディアでは、この「パス回し」のことを「(西野監督の)戦略」
という言葉を用いて賛否を問うていましたが、その話を聞きながら、
私はどこかで言葉の使い方に違和感を感じていました。

すなわち、

戦略とは「(組織やチームが)運営していくための将来を見通した方策」であり、
戦術とは「目標を達成するための具体的な手段、実践的な計画」という意味があります。

この意味に準ずれば、

戦略とは「フェアプレイポイントを利用して決勝トーナメントに進出する」ことであり、
戦術とは「(戦略を達成するために)パス回しを徹底し時間を稼ぐ」ということになりますね。

なので、「パス回し」は、あくまで目的を果たすための「戦術」ということになります。

・・・と言いつつも、意味はどちらでも通るので、細かい話にはなりますが、
言葉を使った仕事をしている以上「言葉の意味は正しく使ってほしい」
という思いがあるため、このような話をさせていただきました(^_^;)。

「正しい言葉」は「正しい思考」につながり、
「正しい思考」は「正しい行動」につながりますからね。

「始めは処女の如く、後は脱兎の如し」

コラム:2018/06/22

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

日本では梅雨空の鬱陶しい気候が続いていますが、
ロシアではサッカーワールドカップが開催されていますね。

ふだんはサッカーにあまり関心がない人(私も含めて)も、
この時ばかりは、日本代表選手の活躍を期待し、応援します。
どうか自分達の力を信じて、最後まで戦い抜いてほしいですね。

そんなワールドカップの開催で日本中が盛り上がる中、
先日、あるスポーツチームの監督と食事をする機会がありました。

その時の会話で、非常に興味深い話を伺うことができました。

彼の現役時代(あるいは監督になってからも)、試合前に、
相手に話しかけたり、弱音を吐いたりすることがあったというのです。
狙いは、自分にとって有利な情報を得たり、相手に油断させたりするためです。
結果として、それが決め手となり、試合に勝てたこともあったとのことでした。

時には、同じように相手に仕掛けられることもあったそうですが(笑)、
彼の競技において、情報戦・心理戦が繰り広げられていたことに軽い衝撃を覚えました。

実は、『孫子』の中にも、そのことを象徴するような言葉が残っています。
『孫子』九地篇(岩波文庫〈金谷 治 訳注〉)から紐解いてみたいと思います。



「是の故に始めは処女の如くにして、敵人 戸を開き、
後は脱兎(だっと)の如くにして、敵 拒(ふせ)ぐに及ばず」

こういうわけで、はじめには処女のように[もの静かに]していると、
敵の国では油断して隙(すき)を見せ、その後、脱走する兎のように
[するどく攻撃]すると、敵の方ではとても防ぎきれないのである。



このことは、以前書いたコラムに通じるものがあります。

◆「兵とは詭道(きどう)なり」
http://coaching-en.com/column/2018/02/post-30.html

「詭」とは、「いつわり欺(あざむ)く」の意味で、
正常なやり方に反して相手の裏をかく仕業のことを言います。

誤解を恐れずに言えば、戦いに勝つためには、時には相手を油断させたり、
欺いたりすることが大事である、ということが言えそうですね。

「自己理解」の深め方

コラム:2018/06/15

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

6月も中盤に差し掛かり、梅雨空の鬱陶しい天候が続いています。
天候につられて、ついつい気分も滅入ってしまうものですが、
そんな気分を吹き飛ばしてくれるようなイベントが、先週末、
私が代表を務める銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校で開催されました。

講師・運営スタッフを含めた総勢29名が、お隣が皇居という
最高のロケーションに集い、最高の学びと出会いを創出しました。
 
イベントテーマは『自己探求の旅~コーチとしての「あり方」を探る』。
GCSがコーチングが機能する要件として特に大切にしている「自己基盤」。
それを構成する自己理解・自己承認・自己開示のうち、
「自己理解」に焦点を当て、レゴブロックを活用したワークショップや、
セッションタイムを通じて、それを深化させていきました。

話は前後しますが、この「自己理解」について、
先日、体験講座に来られたある受講者から、こんな質問を受けました。

「自己理解」を深めるためにはどうすれば良いのでしょうか?

まあ、まずは自分自身で考えていただきたいと思うのですが(^_^;)、
自分の経験から以下のことを説明しました。

①アセスメントツールを使って自己分析する
②自分の棚卸しを行う(プロフィールの作成など)
③他者からフィードバックしてもらう

どれも効果的な手法であるとは思いますが、お手軽なのは③でしょうね。
逆説的な感じがしますが、「自分を理解するために他者の力(視点)を借りる」
といったところでしょうか。

ここで大切なことは、「何を言われてもきちんと受け止める」という
謙虚な姿勢を持つことが必要であることは言うまでもありません。

あなたの周りに、フィードバックしてくれる"他者"はいますか?

風林火山

コラム:2018/06/08

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

今日は6月8日。
例年、この日は関東・東海地方で梅雨入り宣言がされる日なのだそうです。

この時期、外出するのに手放せないのが、折り畳み傘ですね。
私は仕事柄、出張が多いため、特に折り畳み傘は常に持ち歩いています。

そんな折、ある方から折り畳み傘をプレゼントしていただきました。
その絶妙なタイミングとセンスの良さに、思わず気分も晴れやかになりました。
梅雨とはいえ、気持ちの持ち方次第、ということが言えそうですね。

さて、今日のタイトルにある「風林火山」。
戦国武将である武田信玄の軍旗として世に知られているところですが、
実は、この言葉の語源は『孫子』にあるということをご存知でしょうか。

以下、『孫子』(金谷治 訳注 岩波文庫)から、
その「風林火山」が用いられている箇所を抜粋したいと思います。



「故に其の疾(はや)きことは風の如く、其の徐(しずか)なることは林の如く、
侵掠(しんりゃく)することは火の如く、(中略)、動かざることは山の如く・・・」

風のように迅速に進み、林のように息をひそめて待機し、
火の燃えるように侵奪し、(中略)、山のようにどっしりと落ち着き・・・



この「風林火山」のくだりで『孫子』が言わんとしていることは何でしょうか?

中国古典の第一人者である守屋洋氏の言葉を借りると、
それは「作戦行動における『静』と『動』の対比である」と言っています。

すなわち、「守り(=静)についた時は、どっしりと腰を落として守り抜く、
いったん攻め(=動)に転じた時は、積極果敢に行動する」ということです。

ビジネスに置き換えて言うならば、好・不調の波がある中で、
好調の時にはその波に乗るべきであり、不調の時にはじっと我慢をして、
然るべき時に備えて力を蓄える、ということになるでしょうか。

これはビジネスに限らず、人生全般において言えることかもしれませんね。
実に深い!ですね。

自己開示

コラム:2018/06/01

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

今日から6月。
2018年の前半および四半期の最終月でもありますね。

今月は仕事に追われるだけでなく、各地で梅雨入りする時期でもあり、
総じて良い印象を持っている方は少ないのではないでしょうか。

実は私もサラリーマン時代はそんな印象を持っていました。
今は自営ですから、全然そんなことはないんですけどね。

・・・と、つい、自分の過去の話をしてしまいましたが、
経験談など、自分のことを話す行為を一般に「自己開示」と呼びます。

この「自己開示」については、これまでもコラムで何度も取り上げてきました。
これは、相手とコミュケーションをとる上で非常に有効な手段になるものであり、
私自身もコーチとして、その有効性を常々感じています。

そこで今日は、この「自己開示」の有効性について整理してみたいと思います。

***

①相手に安心感を与えることができる

自己開示により、相手に自分の人間性を理解させたり、共感を与えたりすることで、
相手に安心感を与えることができます。

②相手と信頼関係を築くことができる

上記①に関連しますが、相手に安心感を与えることにより、相手も自己開示しやすくなります。
結果的に相互理解が進み、お互いの間に信頼関係が醸成されます。

③自分自身の「あり方」を強化することができる

銀座コーチングスクール(GCS)では「自己基盤」と表現していますが、
これは、いわゆるその人の人間性や人間力みたいなものです。
自己開示することにより、自分を理解し、自分を認めることができるようになるため、
いわゆる「自分に自信がつく」状態になっていきます。

***

このように整理すると、コミュケーションをとる上で、
「自己開示」は行わない手はない、ということが言えそうです。
私自身も「自己開示」により、多くの場面を救われてきたという思いがあります。

あなたもぜひ"意図的に"使ってみてはいかがでしょうか。
ただし、これはあくまでコミュニケーションの手段に過ぎないので、
使うことありきにならないようご注意くださいね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
PAGE TOP