NEWS & COLUMN

「五事七計」について(1)

コラム:2017/11/10

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

11月も中盤に差し掛かり、秋も深まってきた第2金曜日の今日は、
中国古典『孫子』について書きたいと思います。

「五事七計」

『孫子』マニア(?)の方で、この言葉を知らない方はいないでしょう。
このことは、『孫子』の「計篇」の最初の一節に出てきます。
(『孫子』 金谷治訳注 岩波文庫 より抜粋) 



「孫子曰わく、兵とは国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。
故にこれを経(はか)るに五事を以てし、これを校(くら)ぶるに計を以てして、其の情を索(もと)む。」

孫子はいう。戦争とは国家の大事である。[国民の]死活が決まるところで、
[国家の]存亡のわかれ道であるから、よくよく熟慮せねばならぬ。
それゆえ、五つの事がらではかり考え、[七つの]目算と比べあわせて、その時の実情を求めるのである。



戦争といった国家の一大事には「五つの事柄」と「七つのスケール」をもって、
行うか行わないかを合理的に判断せよ、という解釈ができそうです。

まず「五事」とは具体的にはどういうことでしょうか。
「計篇」の続きを読んでみたいと思います。



「一に曰わく道、二に曰わく天、三に曰わく地、四に曰わく将、五に曰わく法なり。
道とは、民をして上と意を同じくせしむる者なり。故にこれと死すべくこれと生くべくして、危(うたが)わざるなり。
天とは、陰陽・寒暑・時制なり。地とは、遠近・険易・広狭・死生なり。
将とは、智・信・仁・勇・厳なり。法とは、曲制・官道・主用なり。
此の五者は、将は聞かざること莫(な)きも、これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。」

[五つの事というのは、]第一は道、第二は天、第三は地、第四は将、第五は法である。
[第一の]道とは、人民たちを上の人と同心にならせる[政治のあり方の]ことである。
そこで人民たちは死生をともにしても疑わないのである。
[第二の]天とは、陰陽や気温や時節[などの自然界のめぐり]のことである。
[第三の]地とは、距離や険しさや広さや高低[などの土地の情況]のことである。
[第四の]将とは、才智や誠信や仁慈や勇敢や威厳[といった将軍の人材]のことである。
[第五の]法とは、軍隊編成の法規や官職の治め方や主軍の用度[などの軍制]のことである。
およそこれら五つの事は、将軍たる者はだれでも知っているが、
それを深く理解している者は勝ち、深く理解していない者は勝てない。



「五事」とは「道・天・地・将・法」のことを言い、
将たる者はこれらのことをただ知っているだけでなく、
深く理解していることが肝要である、と言っています。

ところで、この考え方は、そのまま会社組織にも当てはまるのではないでしょうか。

つまり、「道」とは会社の経営理念や組織・チームの目標のことであり、
「天」とは事業活動のタイミングのことであり、「地」とは立地条件のことであり、
「将」とはリーダーとしての資質・能力のことであり、
「法」とは組織におけるルールや管理体制のことである、と言えそうです。

『孫子』の素晴らしいところは、単に「五事」を並べ立てているだけでなく、
それらをどんなスケールをもって計る(判断する)のかを示している点にあります。

次回(11月第4金曜日)のコラムでは、この「五事」をどのように
スケーリングするのかを示した「七計」について考えてみたいと思います。
どうぞお楽しみに!

「謙虚」と「謙遜」

コラム:2017/11/03

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

11月に入り紅葉シーズンが到来。秋の深まりを感じさせますね。

季節のものを見て(視覚)、聞いて(聴覚)、食す(感覚)。
日本の秋はまさにその象徴のように感じますね。
私の場合は、まずは「食」に走りそうですが(笑)。

さて、私は、2週間前のコラムで「言葉のチカラ」について書きました。

前回のコラムはこちら
http://coaching-en.com/column/2017/10/kotoba.html

私の持論にはなりますが、コーチはクライアントの
思いや考えを変換する(思考の整理のサポートをする)ために、
豊富な語彙力を持つ必要がある、という主旨でした。

その中の一節に、私は「分からない言葉は辞書で調べる」と書きました。
実際、2014年頃から私はそのことを励行しています。

「分からない言葉」を調べているうちに、時折、
「分かっているようで分かっていない言葉」があることにも気がつきます。

例えば、本日のタイトルにもある「謙虚」と「謙遜」。
みなさんはこれらの言葉をどのように理解し、使っていますか?

■謙虚
①自分の能力・地位などにおごることなく、素直な態度で人に接するさま。
②控え目で慎ましやかなさま。

■謙遜
①自分の能力・価値などを低く評価すること。
②控え目に振る舞うこと。

「謙虚」と「謙遜」、①の比較でみるとどうでしょうか。
明らかに意味の違いを感じ取れます。

コーチという仕事をベースに考えてみると、
「謙虚」でいることは良いけれど「謙遜」しなくてもいいのかな、という気がします。
少なくても自分がクライアントだったら、「謙虚」なコ―チには信頼がおけるけど、
「謙遜」ばかりするコーチには信頼がおけない(笑)。

このように、日本語は豊富にある分、曖昧に捉えてしまう言葉もまた多いと思います。
だからこそ、分からない言葉は辞書で調べて、
正しく理解し、使うことが必要なのではないでしょうか。
正しい思考・行動は、常に正しい言葉から生まれるものと信じています。

Good&Newリリース

ニュース:2017/11/01

10/31(火)に名古屋市内某メーカー様の社員教育の一環として「ビジネス実践読書会(第2回)」を実施いたしました。

「彼を知り己を知れば、百戦して殆(あやう)からず」

コラム:2017/10/27

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

10月第4金曜日の今日は、中国古典の『孫子』について書きたいと思います。
前回(10月第2金曜日)からの続きになりますね。

前回のコラムはこちら
http://coaching-en.com/column/2017/10/sonshi.html

「彼を知り己を知れば、百戦して殆(あやう)からず」

『孫子』をご存知ない方も、この言葉なら知っている、
という方は結構多いのではないでしょうか。

この言葉は、『孫子』の三番目「謀攻篇」の中にあります。
「謀攻」とは「策謀を持って敵を攻めること」ですね。

この言葉を訳すと、こんな感じになるでしょうか。

「敵を知り己を知った上で戦えば、絶対に負ける心配はない」

戦争において、諜報活動や情報収集をきちんと行うべきであることを、
おそらく「出たとこ勝負」が主流であった当時(2,500年程前)において、
強く論じているところが素晴らしいですね。

この言葉(考え方)を現代のビジネスシーンに当てはめてみると、
どんな教訓として活かされるのでしょうか。

表記が極めて端的に、かつ、高度に抽象化されているため、
様々な場面を想定できそうですが、私が着目したのは以下の2点です。

1)リーダーが持つべき視点

職場には様々なメンバーがいるが、彼らのことを日頃からよく観察して、
彼らの資質や能力をしっかりと把握した上で接することができれば、
信頼関係を築くことができ、メンバーのやる気を引き出すことができる。

2)セールスが持つべき視点

新規のクライアントに営業をかける時は、可能な限り情報収集をして、
調査・分析をした上で活動すれば、不本意な結果に陥る可能性は低くなる。

いかがでしょうか。

私が『孫子』の面白いと感じるところは、(先述しましたが)
表記が極めて端的に、かつ、高度に抽象化されているため、
読み手によって様々な解釈が成り立ち、それらを個々に活かすことができる点にあります。

私の『孫子』の"旅"はまだまだ始まったばかり。
今後も月2回のペースで、定期的に取り上げていきたいと思います。
どうぞお楽しみに!

言葉のチカラ

コラム:2017/10/20

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

秋雨前線の影響からか、先週後半~今週前半までずっと雨模様でしたね。
その前の週は秋晴れの日が続いていましたから、
天候もバランスよくできているな~と感じる今日この頃です。

さて、今日は、「言葉のチカラ」について書きたいと思います。

このことについては、折に触れ、その重要性を語っていますが、
最近は特に、コーチングクラスにおける受講生さんや、
パーソナルのクライアントさん達に語っていく中で、
再認識している事柄があります。

それは、

コーチの言葉はクライアントの思い・考えを変換することができる

ということです。

具体的にどういうことかを説明しますね。

コーチがクライアントの話を聴き、質問をした時などに、
クライアントが自分の思いや考えを上手く表現できないことがあります。
それはすなわち、クライアントの中で思考の整理ができていない、ということでもあります。

これは、コーチの質問が下手とか、クライアントがよく考えていない、
ということではなく(もちろん、それもあるかもしれませんが)、
その質問がクライアントにとって思いがけないものだったり、
熟慮しないと答えられないものだったりするためです。

そんな時、コーチは、クライアントの思い・考えを代弁することで、
クライアントの思考の整理の手助けをします。例えばこんなふうに。

「それは、お互いが理解し合えていない、ということ?」
「つまり、目的は一緒だけど手段が異なる、ということだね。」

これは、銀座コーチングスクール(GCS)の学びで言えば、
「聴く」スキルの「言い換え・要約する」に相当するわけですが、
その前提としては、コーチがそれを可能にするための
豊富な語彙力を持ち合わせていなければいけません。

では、豊富な語彙力を持つために、コーチは何をしたら良いのでしょうか?

人それぞれの方法があって良いと思いますが、私の場合、こんなことを日々実践しています。

・読書(語彙のインプット)
・コラム・メルマガ等を書く(語彙のアウトプット)
・分からない言葉は辞書で調べる(語彙の精査)

「言葉のチカラ」を再認識したことにより、この秋、これらの実践には拍車がかかりそうです。

『孫子の兵法』に学ぶ

コラム:2017/10/13

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

10月の第2週目の今日は、中国古典の『孫子』について書きたいと思います。
とはいえ、『孫子』のことをよくご存知ない方もいらっしゃると思いますので
(かくいう私もまだ初心者ですが)、まずは概略から紐解いてみたいと思います。

『孫子』は今から2,500年程前、中国・春秋時代の武将・軍事思想家であった
孫武(そんぶ)作による兵法書であり、一般的には「『孫子』の兵法」と呼ばれています。
軍事的な思想や哲学、戦略・戦術を記したもので、具体的には、
「始計」「作戦」「謀攻」「軍形」「兵勢」「虚実」「軍争」「九変」「行軍」
「地形」「九地」「火攻」「用間」の合計13篇から構成されています。

『孫子』は、時代を超え、地域を超え、数多くの人々に読み継がれているわけですが、
その理由は何処にあるのでしょうか。
私なりに調べてみたところ、以下の2点に集約できるように思いました。

1)表記が極めて端的に、かつ、高度に抽象化されている

『孫子』には、具体的な事例や固有の地名・人物の名などはなく、
表記が極めて端的に、かつ、高度に抽象化されているため、
様々な時代の様々な読者が、自身の置かれている環境や立場に即した
読み方をすることができ、応用できているのではないでしょうか。

例えばこれは、日本の戦国武将であった武田信玄が、『孫子』から「風林火山」の
四文字を借りて旗印にしていたり、ソフトバンクグループの孫正義会長が
『孫子』を「座右の書」としていることなどからも明らかです。

2)表記されている戦略・戦術が人間心理に対する深い洞察に基づいている

一見すると、1)の理由と矛盾するようですが、『孫子』の内容は、
人間心理の本質を突いているからこそ、様々な時代の様々な読者に
「不変の真理」として受け入れられているのではないかと思うのです。

そこで、次回のコラム(具体的には10月第4金曜日)では、
この『孫子』の一文を例に取り上げて、それを現代のビジネスに活かす場合、
どう読み解けば良いのかということを、私なりに解釈してみたいと思います。
どうぞお楽しみに!

コーチが「COACH」を持つ理由

コラム:2017/10/06

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

10月に入り、日毎に秋の深まりを感じさせますね。
この時期は、さわやかで過ごし易い日が多く、
何をやるにしても適している気候が続きます。

日本には「●●の秋」という言葉が豊富にありますが、
その理由がわかるような気がしますね。

さて、今から1ヶ月ほど前の話で恐縮ですが、
私は初めてCOACHのバッグを購入しました。
(ややこしくなるので、ここでは、ブランドの方を英語表記にします)

コーチが「COACH」のバッグを持つ

「洒落なの?」と友人からは訊かれました(笑)。

たしかに「洒落」の側面も半分ぐらいあるのですが(^^;)、
そこには、私なりにCOACHのバッグを持つ正当な(?)理由がありました。

COACHのメンズ/ビジネス用バッグをイメージしていただきたいのですが、
COACHのバッグって、他のブランド品に比べると押し出しが強くなく、
でも、さりげない「存在感」を醸し出していると思いませんか?

また、一見してそれとわからないのですが、
よく見ると「COACH」というロゴが刻んであるのもいい(笑)。

この佇まいが、私なりに描く、職業としてのコーチ
(プロフェッショナルコーチ)の姿と重なるのです。

コーチとクライアントの関係は対等な関係ですが、
目立つのはコーチではなく、クライアントであってほしい。

コーチは決して目立つ存在ではないけれど、
クライアントに対しては圧倒的な存在感を示してほしい。

私は、COACHのバッグを持つ理由にそんな思いを重ねています。

しかし・・・使い始めてから気がつきましたが、
COACHのバッグって結構重くて持ち運びが大変なのね(^^;)。

これは、プロフェッショナルコーチが、クライアントの思いを
沢山背負っていることに通じますね。

Good&Newリリース

ニュース:2017/09/30

9/30(土)に愛知県小牧市内の企業様向けに社員研修を実施いたしました。

研修テーマ「リーダーシップ育成研修」

再開

コラム:2017/09/29

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

9月末となり、日増しに秋の深まりを感じる今日この頃ですが、
皆さまにおかれてはお変わりないでしょうか。

さて、長らく休載しておりました「NEWS&COLUMN」ですが、
思うところがあり、2017年10月より再開することにいたしました。

特にコラムに関しては、実に一年ぶりの再開となるのですが、
以前は、コーチングに関する「思い・考え・気づき」が中心であったのに対し、
今回は、それらに加えて、現在自身が勉強している中国古典に関しても
ちょいちょい挟んでいこうと考えています。

ここで言う中国古典とは、主に「孫子」「老子」などを指すのですが、
これらの学びを発信していくことが、自分を含むプロコーチや
コーチングを必要とする経営者や管理職にも役立つと考えるからです。

具体的な発信のタイミングは、第1・3金曜日がコーチング関連、
第2・4金曜日が中国古典関連になるでしょうか。

読者の中で、経営者や管理職の方がいらっしゃいましたら、
ぜひ月曜日の朝礼やミーティングなどでご活用いただければ幸いです(笑)。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

Good&Newリリース

ニュース:2017/08/10

8/9(水)に「古典に学ぶビジネス実践読書会」を開催いたしました。

「古典に学ぶビジネス実践読書会」はこちら

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP