NEWS & COLUMN

「治乱は数なり。勇怯は勢なり。彊弱は形なり。」

コラム:2018/05/25

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

ここ数日は、初夏を思わせるような好天が続いていますね。
仕事を休んで、思わず何処かに出掛けたくなります(笑)。

そんな中、先週は大阪で企業研修がありました。

約半年前にスタートした同企業のリーダーシップ研修は、
毎回1~2ヶ月の間隔で、ワークショップとフォローアップを繰り返しています。

そこには、同企業の若手幹部候補生が毎回数名集うのですが、
回を重ねるたびに、彼らの発言が「他人事」から「自分事」になり、
かつ、具体的な行動計画ができていることを嬉しく感じています。

さて、企業研修でも提供している「リーダーシップ」ですが、
今から約2500年前に書かれた『孫子』の中にも「あるべき姿」が書かれています。
例えば、今日ご紹介する「勢篇」では・・・(『孫子』金谷治 訳注 岩波文庫より)



「乱は治に生じ、怯(きょう)は勇に生じ、弱は彊(強)に生ず。
治乱は数なり。勇怯(ゆうきょう)は勢なり。彊弱は形なり。」

混乱は整治から生まれる。臆病は勇敢から生まれる。軟弱は剛強から生まれる。
[これらはそれぞれ同様しやすく、互いに移りやすいものである。そして、]
乱れるか治まるかは、部隊の編成(分数)の問題である。
臆病になるか勇敢になるかは、戦いの勢い(勢)の問題である。
弱くなるか強くなるかは、軍の態勢(形)の問題である。
[だから、数と勢いと形とに留意してこそ、治と勇と強とが得られる。] 



リーダーが難局にも動じないためには、以下のことに留意せよ、ということですね。

・数 - リーダーが組織における統制力を発揮すること
・勢 - 勢いに(良いムードの時はそれに)乗ること
・形 - 組織の態勢を築いて(整えて)おくこと

あなたには、これらがきちんと備わっていますか?

PAGE TOP