NEWS & COLUMN

とにかく楽しんじゃえば勝ちさ!

コラム:2015/12/14

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

気がつけば、今年も残り半月となりました。
そして、私もコラムがあまり更新できていないことに気がつきました(笑)。

「とにかく楽しんじゃえば勝ちさ!」

最近、私が心掛けている言葉と行動です。
このことにより、今、自分のビジネスがとても良い循環を見せている気がしています。

元々は、10月末に開催されたGCS認定コーチ大交流会で司会進行を務めたことがきっかけでした。
今回は開催場所が大阪ということもあり、「皆を楽しませなければ」「進行の中で"笑い"を取らなければ」     という、妙な先入観がありました(笑)。
そんな思いをもう一人の進行役である副代表のMコーチに吐露したところ、一言。

「そんなの、大石さんが楽しんじゃえばいいんだよ!」

はっと思いました。
まさに私にとっては「コペルニクス的転回」でした。
←古い?わからない人は辞書で調べてみてね。

これまでの私は、自分の主催する講座や参加するイベントにおいては、まず「いかに相手(周囲)を楽しませるか」ということばかりに焦点が当たっていました。
結果、毎回「それなりに相手(周囲)は満足してくれたのでは?」と思う反面、私自身が疲れてしまっていたように感じます。
きっとそれが表情に出ていたこともあったのではないでしょうか。まさに悪循環ですね(^_^;)。

そこで、Mコーチの助言もあり、GCS認定コーチ大交流会では、焦点を"相手"ではなく"自分"に当ててみることにしました(注:相手をないがしろにするという意味ではありません)。

結果はどうだったかと言うと、アンケート結果や参加者のフィードバックから判断するに、大成功!
私自身は、いつも以上の満足感・達成感を覚えました。

これ以降、私は、自分の主催する講座や参加するイベントでは、「まずは自分が楽しむこと」を心掛けています。

「楽しむ」という意識があれば、人は自然と笑顔になります。笑いも出てきます。
そんな状況下で、相手(周囲)は安心し、居心地の良さを感じるのではないでしょうか。
そして、「この人ともっと一緒にいたい」「一緒に仕事がしたい」と思うようになるのではないかと思います。

先日開催されたGCS静岡の合同忘年会で、このことを(仕事が順調であろう)複数の方にお話ししたところ、一様に「そのとおり!」という反応がありました。

ビジネスにおける成功法則のひとつを見つけた気がしました。

「とにかく楽しんじゃえば勝ちさ!」

今年の漢字、来年の漢字

コラム:2015/11/20

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

先日のコラムで、2015年ユーキャン新語・流行語大賞の件を取り上げましたが、同じくこの時期の風物詩として取り上げられるのが、日本漢字能力検定協会が毎年実施している『今年の漢字』ではないでしょうか。

『今年の漢字』とは、同協会がその年の世相を表す漢字一字を全国から公募して発表しているもので、京都市東山区の清水寺で、貫主がその文字を大きな筆で書いている姿(映像)を一度は見たこともあるのではないでしょうか。

ちなみに、『今年の漢字』は、2013年は「輪」、2014年は「税」でしたね。
2013年は、2020年東京オリンピックの開催が決まった年でしたし、2014年は、消費税率が5%→8%に引き上げられた年でした。
たしかに、漢字一字で世相を表しており、納得!という気がします(^_^;)。

これに倣ったわけではありませんが、私はプロコーチ資格を取得した2010年より、毎年『今年の漢字』...ではなく、『来年の漢字』をこの時期に決めて、公言しています。

私は、この『来年の漢字』を設定することは、すなわち「来年の目標を立てる」ことだと考えています。来年の目標を漢字一字で表すことで、そこにその人の目標が凝縮して設定されるため、私は、大変効果的な目標設定方法だと感じています。

ちなみに、私の2015年の漢字は「創」でした。
今からちょうど一年前、この漢字を想像した時は、私は「コーチングにおいて、2014年に学んだ新しい情報・知識をベースに、自分のオリジナルプログラムを"創る"!」と考えていました。
そして、その考え通りに、2月より新しいプログラム開発(=創る)に着手することができました。

しかし、その時に思い描いた「創」の力は、それだけに留まりませんでした。 自分の中にそれまでに沸々と湧き上がっていた想いや、周囲の環境の変化等の理由により、同じ時期にプロコーチとして独立することを決めたのです。

今、考えてみると、私の思い描いていた「創」は、無意識に「創業」の意味を込めたものだったのかもしれません。

このように、私がこの時期に設定する『来年の漢字』は、毎年、翌年の終わり頃には何らかのカタチとなっています。
設定した漢字通りの一年になるのであれば、素敵な漢字を選択するに越したことはありませんよね。

というわけで、私の『来年の漢字』は、「実」でいきたいと思います(^_^)。

コーチは言葉を大切にする

コラム:2015/11/13

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

先日、2015年ユーキャン新語・流行語大賞の候補50点が選出されたというニュースが目に留まりました。

毎年この類のニュースを見るたびに、「もうすぐ一年も終わりか~」と思うと同時に、「言葉が氾濫して、上質な日本語がだんだんと消えていくのではないか?」という一抹の不安を覚えます(^_^;)。

※注 「新語・流行語」を否定しているわけではありません。これはこれで、その年の世相を映し出す"鏡"として、貴重な指標だと感じています。

私は、2010年に週末起業コーチとして活動し始めましたが、コーチとしての独立を考え始めた2014年頃から、私自身が発信する"言葉"を大切にするようになりました。

私の場合、「言葉を大切にする」とは、具体的にはこんな言動を指します。

・正しい意味の言葉を使う
・言葉の影響力を考えて使う
・いまどきの言葉を使わない
・(思うだけでなく)言葉を発する
・肯定的な言葉を使う(否定語を使わない)
・主語に「私」をつける
・言い切る

そもそもこのような言動を意識した理由は、師と仰ぐマスターコーチのセミナーに参加したことや、メンターとしている方々との意見交換の中で影響を受けたことなどが挙げられますが、これらのことを実践してきて、やはり自分の選択は正しかったように感じています。

なぜなら、このことによって、私が普段、コーチのあり方として大切にしている「プレゼンス(=存在感・影響力)」が高まったことを実感しているからです。
私自身の「プレゼンス」が高まったことで、このような事象が起きています。

・独立を果たすことができた
・銀座コーチングスクール(GCS)の副代表になった
・一般社団法人の理事になった
・新しい研修の依頼があった
・エグゼクティブコーチングの数が増えた
・コーチングセッションが上手くなった(というフィードバックをいただいた)
・フェイスブックの友達が増えた(笑)

そういえば、先日のGCS認定コーチ大交流会の基調講演の場で、先輩コーチもおっしゃっていました。

大切なことは"言葉"を発すること、それも肯定的な"言葉"を。
なぜなら、人間の脳は、「入力(=思い)」よりも「出力(=言葉)」を信じるしくみなっているから。

結果を出し続けているコーチの言葉に、思わず納得!でした。

「与える者」は成功する

コラム:2015/11/06

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

私は、8月より、世界最大のビジネス異業種交流会組織であるBNIに所属していますが、この組織の理念に"Givers Gain™(ギバーズ・ゲイン)"というものがあり、意味としては、「与える者は与えられる」と訳されています。

つまり、「あなたがメンバーの誰かにビジネスの機会を提供することで、あなた自身もメンバーの誰かからビジネスの機会を提供される」ということであり、同組織では、メンバーがこれを愚直に実践することを推奨し、結果として、個と組織が大きな成果を得ることに成功しています。

実際に私の所属するチャプター(支部)でも、多くのメンバーにビジネス機会を提供している人ほど、多くの利益を得ているように見受けられます。

この考え方は、ことわざにある"Give & Take"に近いのかもしれませんね。

さて、ここで注目したいのは、"Givers Gain™"にせよ"Give & Take"にせよ、いずれも"Give"が先、すなわち「与える」ことが先に来ている、という点です。

この"Give"が先か後かということは、ビジネスの世界、いや、社会生活全般における人が成功するための要諦なのかもしれません。

例えば、私の知り合いのコーチにこんな方がいます。

自分の開催する講座やセミナーには、いつも「来てください」とお願いし、時には強引な勧誘も行います。
一方で、他の人が開催する講座やセミナーには、率先して足を運ぶことはありません(誘われて興味がある場合は別のようですが)。

この点を見る限り、この方は「与える者」にはなっておらず、ましてや、「与える」ことを先に実践することはできていないようです。

このようなケースにおいて、結果はどうなったと思いますか?

ひとつの講座例を挙げると、最初こそ目新しさから集客はできていましたが、次第に集客困難となっていき、ここ1~2年でその講座は開催されなくなってしまいました。

そう言えば、日本にも似たようなことわざがありました。

「情けは人の為ならず」

これも、情け(=親切)を「先に与える」ことが前提となっていますよね。

あなたは、いつ与えますか?

Good&New リリース

ニュース:2015/10/15

20151015.jpg

コーチングオフィス エンのパンフレットが完成しました。
詳しくは、CONTACTよりお問い合わせください。

コーチングは"結果を出す"コミュニケーションスキル

コラム:2015/10/13

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

「コーチングって何?」

ビジネスパーソンにせよ、教育者にせよ、また、コーチにせよ、コーチングに携わったことのある人達であれば、一度は疑問、あるいは尋ねられたことのある言葉ではないでしょうか?

私は現在、ビジネス交流会組織に参加しているのですが、このような場面でもやはり尋ねられます。

冒頭に彼らはこのような発言をしています。

「コーチングは、聞いたことがあるし、何となく知っているつもりだけど、人に説明するとなるとうまく言い表せない。つまり、わかっていないということだよね。」

私なりの持論ですが、彼らがこのような発言をするのは、コーチングが性質的に、

  • 目に見えないもの
  • 効果がすぐに表れないもの

であることに起因していると思います。

それでも、私の場合、立場的にうまく伝えないといけません(^_^;)。
それも相手に一発でわかるように。

ちなみに、自身のホームページに掲げているのは、

  • 相手の行動変容を促し、自己の成長を手に入れてもらうコミュニケーション
  • 「自立型人材」を育成するコミュニケーションスキル

などですが、最近、時事ネタ(ラグビー日本代表チームのエディー・ジョーンズHCのこと)や、師の言葉に合わせて使わせてもらっているのが、

  • "結果を出す"コミュニケーションスキル

というシンプルなものです。

いかがでしょう?
結構、伝わりやすいと思いませんか?自画自賛ですが(笑)。

とはいえ、コーチングを受けたクライアントが、最終的に自ら掲げた結果を「出せない」ことがあるかもしれません。

ですが、そのような場合でも、「自己の成長」は必ず図れているはずで、その結果に満足しているクライアントが多いこともまた事実なのです。

エディー・ジョーンズ氏にみるコーチングの効果

コラム:2015/10/06

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

ラグビーW杯イングランド大会で強豪南アフリカ相手に歴史的な1勝をあげた日本が、第3戦でこれまた格上のサモア相手に2勝目をあげました。それも今度は僅差ではなく大差で。

この結果に呼応して、日本代表チームのヘッドコーチであるエディー・ジョーンズ氏の存在がここにきてクローズアップされています。
彼は、これまでのW杯でわずか1勝しかできなかった日本代表チームを、一体どのような手法で世界の強豪と戦えるチームへと押し上げたのでしょうか。

その背景には、"コーチング"があったことが指摘されています。
そのことは、すでにマスコミ等で取り上げられている彼の発言や記事から知ることができます。

例えば...

「それまでのコーチたちと、エディー氏の違いは何だったのか?第一に、ジャパンは世界でベスト8に入れると、本気で信じたことだ」(ガジェット通信)

「コーチングでいちばん重要なのは、選手に自信を持たせることだ」(エディー・ジョーンズ/Sports Graphic Number Books)

「エディーさんの名将たるゆえんは、選手一人一人を理解し、その能力を最大限に引き出す手腕にある」(NHK プロフェッショナル 仕事の流儀)

いかがでしょう?

「本気で信じる」「自信を持たせる」「能力を最大限に引き出す」...どれもコーチング的な要素ばかりです。

エディー・ジョーンズ氏は、常に選手たちにコーチングマインドを持って接し続けたことで、日本ラグビーの実力・知名度だけでなく、コーチングの知名度をも押し上げてくれました。

奇しくも、先日のコーチングセミナーで、私の敬愛する講師がこのことに触れ、コーチングのことを以下のように表現していました。

「コーチングとは、"結果を出す"コミュニケーションである。」

Good&New リリース

ニュース:2015/09/29

代表の大石典史が、(株)Misocaより取材を受け、同社の運営サイトである「Mitsumolist(ミツモリスト)」に監修者として紹介されました。

詳しくはこちら >> Mitsumolist

ラグビー五郎丸選手に学ぶルーティンの重要性

コラム:2015/09/26

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

現在、ラグビーのワールドカップがイングランドで開催されています。
開幕当初、それほど盛り上がりを見せてはいませんでしたが、日本が初戦で優勝候補である南アフリカを撃破したことで、一躍脚光を浴びることになりました。

これに関連して、キッカーである五郎丸選手がゴールキックの際に行う"拝みポーズ"がスポーツニュース等で取り上げられるところとなり、そのことが国民のラグビー熱に一層拍車をかけているようです。

その五郎丸選手が、先日、NHKの特番に登場していました。
内容は、五郎丸選手がゴールキックの際に行うルーティンのことのようでした。

五郎丸選手のルーティンと言えば"拝みポーズ"が特徴的なので、ついついそれだけに目が行きがちですが、そこは天下のNHKですね。

しっかりとその前後のルーティンにも触れ、それらを通して行うことが、最高のパフォーマンスを創り出す"儀式"であること、それぞれの動作にもきちんとした意味があることなどを詳しく解説していました。

私も初めて知ったのですが、彼が"拝みポーズ"の前に右手を前に2回押し出すのは、ボールをしっかりと前に蹴るイメージ、そして"拝みポーズ"は、本当に拝んでいるわけではなく、体がぶれないように意識を体の中心に置く、という意図があって行っているのだそうです。

これらのことから、私は2つのことを学びました。

ひとつは、アスリートは、成功するイメージを常に描いているのだということ(もっともこれは感覚的にはわかっていたことでしたが)。

そしてもうひとつは、アスリートは、ルーティンは最高のパフォーマンスを発揮するための準備であることを知っているということ。

実際、五郎丸選手は、ゴールキック前の動作をルーティン化することにより、キックの精度を高めることに成功し、結果として、キックの成功率が70%→85%に上がったそうです(ちなみに85%とは、世界屈指の成功率とのことです)。

そういえば、マーリンズのイチロー選手にせよ、広島カープの前田健太選手にせよ、一流と言われるアスリートは、打つ前、投げる前に、きちんとルーティンを行っていますね。

私も「コーチングで最高のパフォーマンスを発揮するためのルーティン化」という課題にこれから取り組んでいきたいと思います。

「5×5」の法則

コラム:2015/09/23

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

私はコーチングの講座やクラスで、

「コーチとクライアントとの関係は協働関係である」

ということをお伝えしています。

ところで、「協働関係」とは何でしょうか?

「協働」とは、「同じ目的を共有し、共に力を併せて活動する」という意味があります。
英訳すると、「パートナーシップ」とか「コラボレーション」とった意味になります。

まさに「協働」とは、コーチングのために用意された言葉である、と言っても過言ではないかもしれません。

以前、親しくしているコーチ仲間が、この話題について、大変興味深いことを話してくれたことがあります。

彼は、こんなことを話してくれました。

コーチとクライアントの力関係は「5:5」が理想ではないでしょうか。
これが、例えば「7:3」や「6:4」になったら、お互いの力は最大限に発揮されないと思います。
それを証拠に、それぞれの数字を掛け合わせてみてください。
8×2=16、7×3=21、6×4=24、5×5=25、...となり、数字のバランスが取れた「5:5」の時に、掛け合わせた合計値が最も大きくなることがわかります。

・・・いかがでしょう。
これには、思わず納得!でした。

数字においても、コーチとクライアントの関係性においても、お互いの力が同等である時に、最大限の力が発揮されるということがわかりますね。

果たして、あなたは、相手に何割の力を注いでいますか?

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP