NEWS & COLUMN

自分の視点、相手の視点、第3者の視点

コラム:2016/02/25

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

気がつけば、1ヶ月ほどコラムを更新しておりませんでした。
先日、私のコラムを楽しみにしてくれている友人からの指摘を受け、気がつきました(^_^;)。

この1ヶ月間は、実に様々なことがありました。

韓国出張があったり、帰国後体調を崩したり、所属するGCSの講師面談に追われたり、自分自身の仕事のあり方を見つめ直したり、花粉症で悩まされたり...(笑)、いずれにしても、個人事業主である以上は、サラリーマン時代以上に健康面・精神面で強くなくてはいけないな~と、強く感じた1ヶ月間でした。

さて、そんな中、先日、とある飲食店の接客研修のオブザーブを務めてまいりました。

コミュニケーションが中心の研修でしたので、私が講師を務めても良かったのですが、直感的に、業界経験者が講師を務めたほうが「良い効果が出る」と判断しましたので、付き合いのあるビジネスパートナーにお願いすることにしました。

その講師が研修の中で語っていたことが印象的でした。

彼は、「接客において心得ておいてほしいこと」として、お店のスタッフにこんなことを話していました。

「接客においては、まず『自分の視点』と『相手の視点』というものがあるよね。例えば、お客様に対して失礼があった時、相手はどんなふうに思うだろうか、ということを考えるのが『相手の視点』。
ここで『第3者の視点』というものを考えてみてほしい。『第3者の視点』とは、その(スタッフとお客様の)やり取りを見ている『別のお客様の視点』のこと。
この時、自分に『別のお客様に見られている』という視点があると、初期動作が変わるし、その対応が美しければ、『このお店は良い店だ』という周りの評価につながるよね。」

この話を傍らで聞きながら、それはズバリ、「コーチのあり方」としても同様のことが言えるよなと、ひとり感心しておりました。

すなわち、コーチは目の前のクライアントだけではなく、「常に自分自身の言動や立ち居振る舞いが周囲から見られていることを意識せよ」ということなのではないか、という私なりの解釈です。

そういう観点であらためてSNS等を眺めてみると、コーチとして「残念な人」にまだまだ出くわすことが少なからずあります。

少なくとも私は、「残念な人」と思われないように、今一度、自身の言動や立ち居振る舞いを見直そうと思います。

クレクレ星人とアタエル星人 ②

コラム:2016/01/24

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

今日は土曜日のコラムのつづきです。

土曜日のコラムでは、昨年、「アタエル星人」達に出会ったということを書きました。

では、「アタエル星人」とはどんな生態を持つのでしょうか?
ここでも私なりに定義付けをしてみると...

「アタエル星人」とは:
・"矢印"が自分ではなく、常に相手に向いている人
・"最初に"相手のメリットを考えて行動できる人
・主にBNI(ビジネス・ネットワーク・インターナショナル:世界最大のビジネス交流会組織)に生息する人

私は、このBNIで「アタエル星人」達に出会いました。
そして、最初は戸惑いながらも、彼らの行動を見習って、少しずつ活動をし始めました。

すると、半年くらい経って、私にとってのメリットが訪れ始めました。

具体的には、これまでの半年間で支払っていた支出(たいした額ではありません)をはるかに上回る収入がすっと入ってきたのです。

別の言い方をすれば、私も少しは「アタエル星人」に近づいてきたと言えるのかもしれません(^_^;)。

メリットは何も利益のことだけではありません。
私は「アタエル星人」であることにそれ以上のベネフィットを感じ始めています。

それは、「他者への貢献感」です。

自分の行いが相手に喜ばれる、感謝される

それは、私にとっては利益以上のベネフィットであると言えましょう。
まあ、40代後半の大人が今更言うな!という感じではありますが(笑)。

あらためて見渡してみると、BNIに限らず、「アタエル星人」は他の場所にも生息しています。
彼らに共通して言えることは、「人としての器が大きい」ということ。
これは素晴らしいことだと思います。

言い換えると、人としての器は、「他者(外部)の力によって大きくなる」ということであり、「自分(内部)の力で大きくする」ということは難しいということですね。

「クレクレ星人」と「アタエル星人」。

あなたはどちらと付き合いたいですか?
そして、あなたは、何星人になりたいですか?

クレクレ星人とアタエル星人 ①

コラム:2016/01/23

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

12月の暖冬が嘘のように、1月に入ってから厳冬が続いています。
あなたはいかがお過ごしですか?
どうか健康にはご留意くださいね。

さて、冬は星空がきれいで、星座も良く見える季節ですが、あなたは何星人ですか?

...と尋ねると、文脈から「なんだ、占星術のことか!」と思われるかもしれませんが、そうではありません(^_^;)。

今日は、あなた、ではなく、あなたの身近にいるかもしれない「クレクレ星人」のことについて書きたいと思います。

ところで、「クレクレ星人」とはどんな生態を持つのでしょうか?
私の定義ではこんな感じです。

「クレクレ星人」とは:
・なんでもかんでも欲しがる人
・"最初に"自分のメリットを考えて行動する人

もう一度お尋ねします。
あなたの身近に「クレクレ星人」はいませんか?

私の周りには少数ですがいます(^_^;)。
まあ、少数だからこそ目立つのかもしれませんが(笑)。

「クレクレ星人」を観察していると、常にこんな活動をしています。

・自分の利益になることには飛びつくが、そうでないものには無関心である
・自分の商品・セミナー等は頻繁に紹介するが、相手のものには無関心である

もしあなたが、「クレクレ星人」に出くわしたら、どうしますか?

私があなたなら、表面には出さないものの嫌悪感を抱いてしまいます。

かくいう私も、昔は「クレクレ星人」だったのかもしれません。
だとすれば、昨年、ある星人達に出会ったことが転機と言えましょう。

そう、その星人達こそ「アタエル星人」だったのです。

つづく(^_^)/

Good&New リリース

ニュース:2016/01/05

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2/6(土)にコーチングオフィスエン主催のセミナーを開催することが決定いたしました。

詳しくはこちらから >> 【ビジネスリーダー必見!】ビジネス「タイプ別」コミュニケーション講座

「手放すと手に入る」は本当か?

コラム:2015/12/27

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

「手放すと手に入る」とはよく耳にする言葉ですが、果たして本当なのでしょうか?

本当です(笑)。
少なくとも私にとって、今年ほどそのことを実感した年はありません。

私にとって、今年最大のトピックといえば、20数年にわたるサラリーマンという立場を手放し、プロコーチとして独立に踏み切ったことです。
独立に至る過程ではそれなりに悩みましたが、メンターコーチや周囲の後押しもあって、何とか独立に漕ぎ着けました。

そこで、独立した途端に手に入ったものが幾つかあります。
例えば、以下のような事柄です。

・ 銀座コーチングスクールの副代表になった
・ 同スクール名古屋校の代表になった
・ 一般社団法人の理事になった
・ 地元で50名近くのビジネスパートナーができた
・ 企業研修の依頼が増えた

これらの現象について、当初は驚きもあり、嬉しくもあり、戸惑いもあり、といった不思議な心境でした。ですが、少なくとも感じたことは、「サラリーマンのままだったら絶対に手に入らなかったことだろう」ということでした。

そして、今ならもう少し明確に言えることがあります。
それは、「手放すと手に入る」とは、"自然の法則"に他ならないということです。
つまり、物質的にも精神的にも、スペースを空けておかなければ新しいモノは決して入ってこない、だから手放すことが必要なのだ、という理解に辿り着いています。

まもなく、私にとって激動 (?) の2015年が終わろうとしています。
来る2016年は、運命学的にいうと、私は更に飛躍する年だとか(^_^)。

ならば、その運命に則って、更に「手放す」ことを実践してみようかな。
手放すことで手に入るモノ、今度は何だろう?

名言の誤解?「天才は1%のひらめきと99%の努力」

コラム:2015/12/20

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

今年も残すところ10日あまりとなりましたね。
皆さんは、やり残していることはありませんか?
「やり残していることはない!」と断言できる人は素晴らしい!
そんな人は、来年1月以降の具体的行動を描いてみるのも良いかもしれません。

「天才は1%のひらめきと99%の努力」

皆さんも一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか?

そう、偉大な発明王トーマス・エジソンの名言です。
私がこの名言を聞いたのは、たしか小学生か中学生の頃だったと記憶しています。

「天才になるためには努力は欠かせない、天才は才能ではない」というような意味として教わり、この歳になるまで疑いなくそのように捉えていました。

ところが、最近、ふと目にしたビジネス雑誌に、エジソン関連の面白い記事が掲載されていました。

その内容は、「エジソンの言葉の真意は『1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になる』ということである」というものでした。

つまり、エジソンに言わせれば、「努力することは当然のことで、成功するためにはわずかでもひらめきがなければいけない」ということになります。
皆さん、ご存知でした?(^_^;)

この名言には諸説あるようですが、現在は後者の意味が有力である、とのことでした。

この記事に関連して、私の感じたことです。

それは、(物事の追求に)努力をし続ければ、自ずとひらめきは生まれるのではないかということです。

だから、ひらめく・ひらめかないを気にする前に、まずは目の前の事柄に一生懸命取り組むことが重要ではないかということです。

「ひらめきは、99%の努力のあとにやってくる」(大石)笑

とにかく楽しんじゃえば勝ちさ!

コラム:2015/12/14

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

気がつけば、今年も残り半月となりました。
そして、私もコラムがあまり更新できていないことに気がつきました(笑)。

「とにかく楽しんじゃえば勝ちさ!」

最近、私が心掛けている言葉と行動です。
このことにより、今、自分のビジネスがとても良い循環を見せている気がしています。

元々は、10月末に開催されたGCS認定コーチ大交流会で司会進行を務めたことがきっかけでした。
今回は開催場所が大阪ということもあり、「皆を楽しませなければ」「進行の中で"笑い"を取らなければ」     という、妙な先入観がありました(笑)。
そんな思いをもう一人の進行役である副代表のMコーチに吐露したところ、一言。

「そんなの、大石さんが楽しんじゃえばいいんだよ!」

はっと思いました。
まさに私にとっては「コペルニクス的転回」でした。
←古い?わからない人は辞書で調べてみてね。

これまでの私は、自分の主催する講座や参加するイベントにおいては、まず「いかに相手(周囲)を楽しませるか」ということばかりに焦点が当たっていました。
結果、毎回「それなりに相手(周囲)は満足してくれたのでは?」と思う反面、私自身が疲れてしまっていたように感じます。
きっとそれが表情に出ていたこともあったのではないでしょうか。まさに悪循環ですね(^_^;)。

そこで、Mコーチの助言もあり、GCS認定コーチ大交流会では、焦点を"相手"ではなく"自分"に当ててみることにしました(注:相手をないがしろにするという意味ではありません)。

結果はどうだったかと言うと、アンケート結果や参加者のフィードバックから判断するに、大成功!
私自身は、いつも以上の満足感・達成感を覚えました。

これ以降、私は、自分の主催する講座や参加するイベントでは、「まずは自分が楽しむこと」を心掛けています。

「楽しむ」という意識があれば、人は自然と笑顔になります。笑いも出てきます。
そんな状況下で、相手(周囲)は安心し、居心地の良さを感じるのではないでしょうか。
そして、「この人ともっと一緒にいたい」「一緒に仕事がしたい」と思うようになるのではないかと思います。

先日開催されたGCS静岡の合同忘年会で、このことを(仕事が順調であろう)複数の方にお話ししたところ、一様に「そのとおり!」という反応がありました。

ビジネスにおける成功法則のひとつを見つけた気がしました。

「とにかく楽しんじゃえば勝ちさ!」

今年の漢字、来年の漢字

コラム:2015/11/20

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

先日のコラムで、2015年ユーキャン新語・流行語大賞の件を取り上げましたが、同じくこの時期の風物詩として取り上げられるのが、日本漢字能力検定協会が毎年実施している『今年の漢字』ではないでしょうか。

『今年の漢字』とは、同協会がその年の世相を表す漢字一字を全国から公募して発表しているもので、京都市東山区の清水寺で、貫主がその文字を大きな筆で書いている姿(映像)を一度は見たこともあるのではないでしょうか。

ちなみに、『今年の漢字』は、2013年は「輪」、2014年は「税」でしたね。
2013年は、2020年東京オリンピックの開催が決まった年でしたし、2014年は、消費税率が5%→8%に引き上げられた年でした。
たしかに、漢字一字で世相を表しており、納得!という気がします(^_^;)。

これに倣ったわけではありませんが、私はプロコーチ資格を取得した2010年より、毎年『今年の漢字』...ではなく、『来年の漢字』をこの時期に決めて、公言しています。

私は、この『来年の漢字』を設定することは、すなわち「来年の目標を立てる」ことだと考えています。来年の目標を漢字一字で表すことで、そこにその人の目標が凝縮して設定されるため、私は、大変効果的な目標設定方法だと感じています。

ちなみに、私の2015年の漢字は「創」でした。
今からちょうど一年前、この漢字を想像した時は、私は「コーチングにおいて、2014年に学んだ新しい情報・知識をベースに、自分のオリジナルプログラムを"創る"!」と考えていました。
そして、その考え通りに、2月より新しいプログラム開発(=創る)に着手することができました。

しかし、その時に思い描いた「創」の力は、それだけに留まりませんでした。 自分の中にそれまでに沸々と湧き上がっていた想いや、周囲の環境の変化等の理由により、同じ時期にプロコーチとして独立することを決めたのです。

今、考えてみると、私の思い描いていた「創」は、無意識に「創業」の意味を込めたものだったのかもしれません。

このように、私がこの時期に設定する『来年の漢字』は、毎年、翌年の終わり頃には何らかのカタチとなっています。
設定した漢字通りの一年になるのであれば、素敵な漢字を選択するに越したことはありませんよね。

というわけで、私の『来年の漢字』は、「実」でいきたいと思います(^_^)。

コーチは言葉を大切にする

コラム:2015/11/13

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

先日、2015年ユーキャン新語・流行語大賞の候補50点が選出されたというニュースが目に留まりました。

毎年この類のニュースを見るたびに、「もうすぐ一年も終わりか~」と思うと同時に、「言葉が氾濫して、上質な日本語がだんだんと消えていくのではないか?」という一抹の不安を覚えます(^_^;)。

※注 「新語・流行語」を否定しているわけではありません。これはこれで、その年の世相を映し出す"鏡"として、貴重な指標だと感じています。

私は、2010年に週末起業コーチとして活動し始めましたが、コーチとしての独立を考え始めた2014年頃から、私自身が発信する"言葉"を大切にするようになりました。

私の場合、「言葉を大切にする」とは、具体的にはこんな言動を指します。

・正しい意味の言葉を使う
・言葉の影響力を考えて使う
・いまどきの言葉を使わない
・(思うだけでなく)言葉を発する
・肯定的な言葉を使う(否定語を使わない)
・主語に「私」をつける
・言い切る

そもそもこのような言動を意識した理由は、師と仰ぐマスターコーチのセミナーに参加したことや、メンターとしている方々との意見交換の中で影響を受けたことなどが挙げられますが、これらのことを実践してきて、やはり自分の選択は正しかったように感じています。

なぜなら、このことによって、私が普段、コーチのあり方として大切にしている「プレゼンス(=存在感・影響力)」が高まったことを実感しているからです。
私自身の「プレゼンス」が高まったことで、このような事象が起きています。

・独立を果たすことができた
・銀座コーチングスクール(GCS)の副代表になった
・一般社団法人の理事になった
・新しい研修の依頼があった
・エグゼクティブコーチングの数が増えた
・コーチングセッションが上手くなった(というフィードバックをいただいた)
・フェイスブックの友達が増えた(笑)

そういえば、先日のGCS認定コーチ大交流会の基調講演の場で、先輩コーチもおっしゃっていました。

大切なことは"言葉"を発すること、それも肯定的な"言葉"を。
なぜなら、人間の脳は、「入力(=思い)」よりも「出力(=言葉)」を信じるしくみなっているから。

結果を出し続けているコーチの言葉に、思わず納得!でした。

「与える者」は成功する

コラム:2015/11/06

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

私は、8月より、世界最大のビジネス異業種交流会組織であるBNIに所属していますが、この組織の理念に"Givers Gain™(ギバーズ・ゲイン)"というものがあり、意味としては、「与える者は与えられる」と訳されています。

つまり、「あなたがメンバーの誰かにビジネスの機会を提供することで、あなた自身もメンバーの誰かからビジネスの機会を提供される」ということであり、同組織では、メンバーがこれを愚直に実践することを推奨し、結果として、個と組織が大きな成果を得ることに成功しています。

実際に私の所属するチャプター(支部)でも、多くのメンバーにビジネス機会を提供している人ほど、多くの利益を得ているように見受けられます。

この考え方は、ことわざにある"Give & Take"に近いのかもしれませんね。

さて、ここで注目したいのは、"Givers Gain™"にせよ"Give & Take"にせよ、いずれも"Give"が先、すなわち「与える」ことが先に来ている、という点です。

この"Give"が先か後かということは、ビジネスの世界、いや、社会生活全般における人が成功するための要諦なのかもしれません。

例えば、私の知り合いのコーチにこんな方がいます。

自分の開催する講座やセミナーには、いつも「来てください」とお願いし、時には強引な勧誘も行います。
一方で、他の人が開催する講座やセミナーには、率先して足を運ぶことはありません(誘われて興味がある場合は別のようですが)。

この点を見る限り、この方は「与える者」にはなっておらず、ましてや、「与える」ことを先に実践することはできていないようです。

このようなケースにおいて、結果はどうなったと思いますか?

ひとつの講座例を挙げると、最初こそ目新しさから集客はできていましたが、次第に集客困難となっていき、ここ1~2年でその講座は開催されなくなってしまいました。

そう言えば、日本にも似たようなことわざがありました。

「情けは人の為ならず」

これも、情け(=親切)を「先に与える」ことが前提となっていますよね。

あなたは、いつ与えますか?

前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
PAGE TOP