NEWS & COLUMN

自己開示

コラム:2018/06/01

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

今日から6月。
2018年の前半および四半期の最終月でもありますね。

今月は仕事に追われるだけでなく、各地で梅雨入りする時期でもあり、
総じて良い印象を持っている方は少ないのではないでしょうか。

実は私もサラリーマン時代はそんな印象を持っていました。
今は自営ですから、全然そんなことはないんですけどね。

・・・と、つい、自分の過去の話をしてしまいましたが、
経験談など、自分のことを話す行為を一般に「自己開示」と呼びます。

この「自己開示」については、これまでもコラムで何度も取り上げてきました。
これは、相手とコミュケーションをとる上で非常に有効な手段になるものであり、
私自身もコーチとして、その有効性を常々感じています。

そこで今日は、この「自己開示」の有効性について整理してみたいと思います。

***

①相手に安心感を与えることができる

自己開示により、相手に自分の人間性を理解させたり、共感を与えたりすることで、
相手に安心感を与えることができます。

②相手と信頼関係を築くことができる

上記①に関連しますが、相手に安心感を与えることにより、相手も自己開示しやすくなります。
結果的に相互理解が進み、お互いの間に信頼関係が醸成されます。

③自分自身の「あり方」を強化することができる

銀座コーチングスクール(GCS)では「自己基盤」と表現していますが、
これは、いわゆるその人の人間性や人間力みたいなものです。
自己開示することにより、自分を理解し、自分を認めることができるようになるため、
いわゆる「自分に自信がつく」状態になっていきます。

***

このように整理すると、コミュケーションをとる上で、
「自己開示」は行わない手はない、ということが言えそうです。
私自身も「自己開示」により、多くの場面を救われてきたという思いがあります。

あなたもぜひ"意図的に"使ってみてはいかがでしょうか。
ただし、これはあくまでコミュニケーションの手段に過ぎないので、
使うことありきにならないようご注意くださいね。

PAGE TOP