NEWS & COLUMN

成果は使った時間に比例する

コラム:2018/05/18

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

5月も中旬を過ぎ、初夏を感じる季節になりましたね。
街を行きかうビジネスパーソンにも
クールビズ姿が目立つようになってきました。

そういえば、最近では「5月‐11月」の期間を
クールビスの期間としている会社もあるとか。

昔と比べたら、かなりクールビズの期間が長くなりましたね。
かくいう私も5月からクールビズスタイルで登壇しています(^_^;)。

その登壇先といえば、私の場合、銀座コーチングスクールのクラスや
研修先の企業が主な場所となるのですが、特に多いのが前者です。

立地やアクセスに恵まれていることもあり、おかげさまで
多くの受講者にご参加いただき、結果として売上も好調です。

そんな折、一部の方からこんな声も聞こえてきました。

「良い環境に恵まれていてうらやましい。」

・・・まあ、たしかに(^_^;)。

それはそれで否定しませんが、
(売上が好調なのは)本当にそれだけなのかな?
と、ふと考えたりします。

考えた結果、私なりに出した答えは・・・

成果は使った時間に比例する

私の場合、銀座コーチングスクールの仕事に多くの時間を費やしています。
仕事の中の割合としてもそうですが、極端に言えば、
人生の中の割合としてもそうだと言って良いかもしれません。

つまり、今の状況はその結果(成果)なのではないかな、ということです。

比べたら失礼かもしれませんが、一流とかプロフェッショナルとか
呼ばれる人達も、やはり相当の時間をその道に費やしていますよね。
それこそ「人生の一部」と言っていいぐらいに。

相手をうらやむ前に、環境のせいにする前に、
一度ご自身に問いかけてみてはどうでしょうか?

「今の仕事にどれだけの時間を使っていますか?」

PAGE TOP