NEWS & COLUMN

「気づく」の意味を知っていますか?

コラム:2017/11/17

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

先日、コラムで秋の話題をしていたと思ったら、気がつけば今年もあと1ヶ月あまり。
毎年思うことですが、秋は他の季節に比べ、日々が早く過ぎ去るように感じます。
もっとも、これは歳のせいなのかもしれませんが(笑)。

さて、ここのところ、月の第1・3週目には、コーチングのこと、
具体的には「言葉」に関する話題をコラムに書いていますが、
本日も「言葉」に関するテーマを取り上げたいと思います。

▼10月第3週目のコラムはこちら
http://coaching-en.com/column/2017/11/kenkyokenson.html

「『気づく』の意味を知っていますか?」

この質問は、コーチングを学ばれる受講者の方々に、私がよく投げ掛けるものです。

皆、普段何気なく使っている言葉だからなのか、意味まで考えている人は少ないようで、
一様に「?」といった表情を浮かべます(実はかつての私もそうでした)。

皆からの回答としては、「新しく発想する」「知らないものを知る」
というようなものが多いのですが、実は「気づく」には下記のような意味があります。

「それまで気に留めていなかったところに注意が向いて、物事の存在や状態を知る。」

いかがでしょうか?
なかなか趣のある言葉(意味)だと思いませんか?

コーチは、クライアントとセッション(対話)をする中で、
よく「気づく」とか「気づき(を与える)」といった言葉を用います。

「気づく」の意味が「それまで気に留めていなかったところに注意が向く」であるならば、
裏を返せば「クライアントはもともと解(答え)を持っている」ことが前提となり、
コーチはそれをクライアントに「気づかせて」あげる存在ということになりますよね。

前々回のコラムで、私は、
「正しい思考・行動は、常に正しい言葉から生まれるものと信じている」
と書きました。

別の言い方をすれば、
「正しい思考・行動は、常に正しい言葉の意味を理解することから始まる」
と言って良いのかもしれませんね。

PAGE TOP