SERVICE

企業研修・社員教育

コーチングオフィス エンでは、組織に有用な自立型人材を育成するために、
コーチングのエッセンスを取り入れた研修・講座を提供いたします。

内容

インターネットや携帯端末の進化・普及により、私達を取り巻くビジネス環境は、日々めまぐるしく変化し続けています。
そんな中、その環境に適応しようと、組織の中にコーチングというコミュニケーションスキルを取り入れようとする企業が増えてきています。

なぜ、コーチングなのでしょうか?
それは、コーチングが、単なるコミュニケーションの域を超えた、「自ら考え、自ら行動できる」自立型人材を育成する最適な技術であるからに他なりません。
「自ら考え、自ら行動できる」自立型人材は、めまぐるしい変化に対して適切なリーダーシップを発揮し、組織を活性化させ、業績向上へと導いてくれることでしょう。

コーチングオフィス エンでは、クライアントの抱える課題や成長段階に応じた適切な研修プログラムをご用意しております。

研修の特長

  • 「分かる」を超え「できるようになる」ために、
    ロールプレイ・エクササイズ中心の体験型研修を行います。
  • 講師からの単方向・講義型ではなく、参加者との双方向・対話型の研修です。
  • 20年以上の豊富なビジネス経験に基づく具体的事例を適宜ご紹介いたします。
  • すぐに現場で使える実践的なツールを提供いたします。

研修事例

コーチング基礎研修(5時間×4日)

■コーチングの基礎
・コーチングとは
・コーチングの仕組みと効果
・コーチングが機能する条件

■コーチングの基本スキル
・「認める」スキル
・「聴く」スキル
・「質問する」スキル
・「フィードバックする」スキル

■コーチングの会話の組み立てスキル
・ラポールモード
・発見モード(目標設定・現状把握・プロセス設定)
・行動モード

リーダーシップ・コミュニケーション研修(6時間×3日)

■構築編 – メンバーとの信頼関係を築く
・メンバーとの関係性を築くオリエンテーション
・メンバーの潜在能力を発揮させる
・メンバーとの真の信頼関係を築く

■発見編 – メンバーの主体性を引き出す
・メンバーの個性と強みを生かすタイプ別診断
・メンバーの主体性を引き出すアクティブ・リスニング
・「自ら考える力」を養う効果的な質問

■行動編 – メンバーの行動を促進し、定着させる
・ゴール(=目標)を活用してメンバーを育てる
・メンバーの行動を促すチャンクダウン
・メンバーの行動を継続させるフォローアップ

よくあるご質問

「コーチングは実践で使えない」という話をよく聞くのですが。

誤解があります。

たしかに、短時間でスキルを学ぶだけの講義では「使えない」と判断されてしまうかもしれません。
コーチングを機能させるためには、スキルだけでは不十分で、それを活かすためのコーチ(上司)・クライアント(部下)との「信頼関係」が必要となってきます。
コーチングオフィス エンでは、スキルを活かすための「信頼関係」の築き方を学ぶなど、確実にコーチングを機能させるための研修を実践しています。

研修の具体的なイメージを教えてください。

参加者との「双方向・対話型」です。

コーチングオフィス エンの目指す研修は、「コーチングセッションのような研修」です。
具体的には、講師は参加者と「コーチとクライアント」のような関係性を築いたうえで、話を聴いたり、質問を投げ掛けたりします。
このプロセスを経ることで、参加者は研修の内容を「自分事」として捉え「考える力」を身につけるため、確実にコーチング力が養われるのです。

どのような業種・職種の方が研修を受けていますか?

業種はさまざま、職種は管理職・管理職候補の方が多いです。

業種は、製造業、医療・介護関係、サービス業等、さまざまです。
これは、コーチングがコミュニケーションスキルであること、また、コミュニケーションがどの業界でも課題になっていることの証明とも言えるでしょう。
職種が管理職や管理職候補の方が多いのは、彼らがコーチングを学ぶことで、彼ら自身が人間的成長を図れること、また、部下指導・育成のための具体的なスキルを身につけることができるからと言えるでしょう。

研修の成果などを教えてください。

過去のアンケート結果が参考になると思いますのでご覧ください。

コーチングを機能させるためには、相手との信頼関係を築くこと、例えば、自己開示することなどが効果的であるということが理解できました。早速、現場で使ってみたいと思います。(コーチング研修/介護施設/40代男性管理職)

講師の方のデモンストレーションを見て、普段の自分が相手の話を聴けていないことがよくわかりました(笑)。「聴く」スキルはコミュニケーションの基本であること、また、意図的に使うことが重要であることを理解しました。(コーチング研修/介護施設/40代女性管理職)

仕事は、「指示をして、報告を聞けば良い」というものではなく、そこからさらに会話を行い、相手のことを知ることが大切だと思った。職場を上手く回すも回さないも、コミュニケーション次第だと感じた。(コミュニケーション研修/製造業/40代男性リーダー職)

ディスカッションや体を使ったワークにより、眠くなることなく、最後まで楽しく学ぶことができた。今回の研修でコーチングに興味を持ったので、機会があればさらに詳しく学んでみたいと思う。(コミュニケーション研修/製造業/30代男性リーダー職)

形式・時間・費用等

形式

スクール形式・シアター形式・島型形式など、研修内容によって異なります。

時間/回数

研修内容によって異なります。
詳細は事前打合せにてご相談させていただきます。

費用(目安)

<研修費用一例>

~10名 30,000円(税抜)×時間
11~20名 35,000円(税抜)×時間

詳細は事前打合せにてご相談させていただきます。

その他

会場のご手配をお願いいたします。
必要に応じて見積書を作成いたします。
お支払いは「当月末締め/翌月末払い」を基本としております。

研修効果を高めるために

研修で学んだことを自らの血肉にし、ビジネスリーダーとしてより高いレベルへ駆け上がるために、継続的にビジネスコーチングを受けることをお勧めいたします。
詳しくはビジネスコーチングのページをご覧いただくか、下記お問い合わせフォームよりご相談ください。

お問い合わせ/お申し込み

以下のフォームにお問い合わせ内容を入力のうえ、「入力内容の確認」ボタンを押してください。
依頼の種類 必須
お名前(漢字) 必須
お名前(フリガナ) 必須
電話番号(半角)
Mail(半角) 必須
Mail(確認) 必須
お問い合わせ内容

PAGE TOP