NEWS & COLUMN

オリンピック開幕に思うこと

コラム:2016/08/08

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。
久々のコラム更新となってしまいました。

リオデジャネイロ・オリンピックが開幕しましたね。
当初は、治安面や衛生面の不安が取り沙汰されていましたが、開会式は、そんなことが別次元のことのように感じさせてしまう華やかなものでした。

そんな華やかさに後押しされるかのように、競技初日から、柔道・水泳・ウェイトリフティング等で日本選手のメダルラッシュが続いています。
これは本当に素晴らしいことだと思います。

ところで、このような成果を出せる背景には何があると思いますか?

・本人の努力?
・練習の賜物?
・「勝ちたい」という強い気持ちがあったから?

私は、そこには本人の努力・力量もさることながら、やはり「指導者」の力が大きいのではと思っています。
それは、個々の選手のインタビュー記事などからも伺い知ることができます。

スポーツの世界で「指導者」と言えば「コーチ」。
そのコーチとは、一般的には「身体面・技術面を強化する人」と捉えられていますが、最近ではそれらに加え「精神面を強化する人」という面もクローズアップされ、巷では、メンタルコーチやメンタルトレーナーという存在が現れてきています。

では、彼らは、具体的にどんな役割を果たすのでしょうか?

それは、彼らは、スポーツ心理学や脳科学、あるいはコーチングの知識・技術を要したプロフェッショナルであり、それらの知識・技術を駆使して、アスリート達の、

・才能を開花させる
・能力を発揮させる
・自信を持たせる

ことに貢献する、ということが言えるでしょう。

まだ少々気が早いですが、これから日本では、2020年の東京オリンピックに向けて、アスリート達に「才能開花」「能力発揮」させるための知識・技術をますます進化させていくことでしょう。
誤解を恐れずに言えば、それは、スポーツの分野に限らず、社会全体の機運として、そうなっていくのではないでしょうか。

その時、私達コーチの存在は、今よりも注目を浴び、社会から必要不可欠な存在になる、ということを確信しています。

2020年になった時、私はその一員でありたいと思っています。
あなたはいかがですか?

Good&New リリース

ニュース:2016/05/25

7/3(日)にコーチングオフィスエン主催のセミナーを愛知県刈谷市で開催いたします。

ビジネス書ベストセラー作家であり、個性心理学認定講師である大岩俊之先生に登壇いただき、あなたの人間関係をナビゲートしていただきます!

詳しくはこちら >> 対人関係の"トリセツ"「個性心理学」入門講座

Good&New リリース

ニュース:2016/05/01

5/1(日)より、安城オフィス(コワーキングスペース)始動!

商談のほか、コーチング体験講座やコーチングセッションもこちらで対応することができます。

お気軽にお越しください。

詳しくはこちら >> 安城市観光案内所&コワーキングスペース「キーポート」

"直球"を磨いてこそ"変化球"が生きる

コラム:2016/03/01

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

3月になりました。
プロ野球界では2/1から始まったキャンプが打ち上げとなり、シーズン開幕に向けて、これから各地でオープン戦が盛んになっていく時期です。

・・・ということで、今日はプロ野球ネタをひとつ(^_^;)。

プロ野球ファンの方なら、昨年、球界最年長の50歳で引退した元中日ドラゴンズの山本昌投手のことをご存知の方は多いと思います。

この山本昌氏ですが、今年からプロ野球解説者となり、2月から12球団のキャンプ地へ精力的に足を運んでいました。

そして、そこで面白い現象が起こりました。
現役の投手陣から、たくさん「逆取材」を受けたとのことです。

察するに、

「現役を長く続けるコツは何か?」
「どうしたらコンスタントに勝ち続けられるか?」
「ケガをしないために注意していたことは何か?」

といった質問だったのではないでしょうか。

その質問の答えの一部ということではありませんが、山本昌氏が(テレビのインタビューなのかネット記事なのか忘れてしまいましたが)、以下のようなコメントを残していたことを覚えています。

「ぼくは、現役時代、"真っすぐ(直球)"に磨きをかけることを念頭においてトレーニングを行っていました。投手にとって"真っすぐ(直球)"は基本。それが走ってくると、おのずと"変化球"も生きてくるのです。」

現役時代の山本昌投手のイメージは、どちらかというと変化球投手。
特に、メジャーリーグの教育リーグ時代に修得したスクリューボールは、生涯にわたって彼の武器となりました。

その彼が上述のようなコメントをしたため、一瞬「?」と思いましたが、すぐさま、納得することができました。なぜなら、基本が大切なことは、野球に限らず、すべてのことにおいて言えるからです。

すなわち、それは、私達コーチにとっても同様のことが言えるのではないでしょうか。

コーチは、ややもすれば、見込み客を集客するために、クライアントを獲得するために、セッションを効率良く進めるために、"変化球"を扱おうことに慣れてしまいます。

もちろん、その行為を否定しているわけではありません。
ただ、私は、山本昌氏の意見に激しく共感しているため、自分の"直球"である"コーチング力"を何よりも高めていこうと考えている、ということです。

"コーチング力"を高めることで、見込み客の集客や、クライアントの獲得といった結果は、後からついてくるのではないでしょうか。

あなたは、直球派ですか?それとも変化球派ですか?

自分の視点、相手の視点、第3者の視点

コラム:2016/02/25

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

気がつけば、1ヶ月ほどコラムを更新しておりませんでした。
先日、私のコラムを楽しみにしてくれている友人からの指摘を受け、気がつきました(^_^;)。

この1ヶ月間は、実に様々なことがありました。

韓国出張があったり、帰国後体調を崩したり、所属するGCSの講師面談に追われたり、自分自身の仕事のあり方を見つめ直したり、花粉症で悩まされたり...(笑)、いずれにしても、個人事業主である以上は、サラリーマン時代以上に健康面・精神面で強くなくてはいけないな~と、強く感じた1ヶ月間でした。

さて、そんな中、先日、とある飲食店の接客研修のオブザーブを務めてまいりました。

コミュニケーションが中心の研修でしたので、私が講師を務めても良かったのですが、直感的に、業界経験者が講師を務めたほうが「良い効果が出る」と判断しましたので、付き合いのあるビジネスパートナーにお願いすることにしました。

その講師が研修の中で語っていたことが印象的でした。

彼は、「接客において心得ておいてほしいこと」として、お店のスタッフにこんなことを話していました。

「接客においては、まず『自分の視点』と『相手の視点』というものがあるよね。例えば、お客様に対して失礼があった時、相手はどんなふうに思うだろうか、ということを考えるのが『相手の視点』。
ここで『第3者の視点』というものを考えてみてほしい。『第3者の視点』とは、その(スタッフとお客様の)やり取りを見ている『別のお客様の視点』のこと。
この時、自分に『別のお客様に見られている』という視点があると、初期動作が変わるし、その対応が美しければ、『このお店は良い店だ』という周りの評価につながるよね。」

この話を傍らで聞きながら、それはズバリ、「コーチのあり方」としても同様のことが言えるよなと、ひとり感心しておりました。

すなわち、コーチは目の前のクライアントだけではなく、「常に自分自身の言動や立ち居振る舞いが周囲から見られていることを意識せよ」ということなのではないか、という私なりの解釈です。

そういう観点であらためてSNS等を眺めてみると、コーチとして「残念な人」にまだまだ出くわすことが少なからずあります。

少なくとも私は、「残念な人」と思われないように、今一度、自身の言動や立ち居振る舞いを見直そうと思います。

クレクレ星人とアタエル星人 ②

コラム:2016/01/24

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

今日は土曜日のコラムのつづきです。

土曜日のコラムでは、昨年、「アタエル星人」達に出会ったということを書きました。

では、「アタエル星人」とはどんな生態を持つのでしょうか?
ここでも私なりに定義付けをしてみると...

「アタエル星人」とは:
・"矢印"が自分ではなく、常に相手に向いている人
・"最初に"相手のメリットを考えて行動できる人
・主にBNI(ビジネス・ネットワーク・インターナショナル:世界最大のビジネス交流会組織)に生息する人

私は、このBNIで「アタエル星人」達に出会いました。
そして、最初は戸惑いながらも、彼らの行動を見習って、少しずつ活動をし始めました。

すると、半年くらい経って、私にとってのメリットが訪れ始めました。

具体的には、これまでの半年間で支払っていた支出(たいした額ではありません)をはるかに上回る収入がすっと入ってきたのです。

別の言い方をすれば、私も少しは「アタエル星人」に近づいてきたと言えるのかもしれません(^_^;)。

メリットは何も利益のことだけではありません。
私は「アタエル星人」であることにそれ以上のベネフィットを感じ始めています。

それは、「他者への貢献感」です。

自分の行いが相手に喜ばれる、感謝される

それは、私にとっては利益以上のベネフィットであると言えましょう。
まあ、40代後半の大人が今更言うな!という感じではありますが(笑)。

あらためて見渡してみると、BNIに限らず、「アタエル星人」は他の場所にも生息しています。
彼らに共通して言えることは、「人としての器が大きい」ということ。
これは素晴らしいことだと思います。

言い換えると、人としての器は、「他者(外部)の力によって大きくなる」ということであり、「自分(内部)の力で大きくする」ということは難しいということですね。

「クレクレ星人」と「アタエル星人」。

あなたはどちらと付き合いたいですか?
そして、あなたは、何星人になりたいですか?

クレクレ星人とアタエル星人 ①

コラム:2016/01/23

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

12月の暖冬が嘘のように、1月に入ってから厳冬が続いています。
あなたはいかがお過ごしですか?
どうか健康にはご留意くださいね。

さて、冬は星空がきれいで、星座も良く見える季節ですが、あなたは何星人ですか?

...と尋ねると、文脈から「なんだ、占星術のことか!」と思われるかもしれませんが、そうではありません(^_^;)。

今日は、あなた、ではなく、あなたの身近にいるかもしれない「クレクレ星人」のことについて書きたいと思います。

ところで、「クレクレ星人」とはどんな生態を持つのでしょうか?
私の定義ではこんな感じです。

「クレクレ星人」とは:
・なんでもかんでも欲しがる人
・"最初に"自分のメリットを考えて行動する人

もう一度お尋ねします。
あなたの身近に「クレクレ星人」はいませんか?

私の周りには少数ですがいます(^_^;)。
まあ、少数だからこそ目立つのかもしれませんが(笑)。

「クレクレ星人」を観察していると、常にこんな活動をしています。

・自分の利益になることには飛びつくが、そうでないものには無関心である
・自分の商品・セミナー等は頻繁に紹介するが、相手のものには無関心である

もしあなたが、「クレクレ星人」に出くわしたら、どうしますか?

私があなたなら、表面には出さないものの嫌悪感を抱いてしまいます。

かくいう私も、昔は「クレクレ星人」だったのかもしれません。
だとすれば、昨年、ある星人達に出会ったことが転機と言えましょう。

そう、その星人達こそ「アタエル星人」だったのです。

つづく(^_^)/

Good&New リリース

ニュース:2016/01/05

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2/6(土)にコーチングオフィスエン主催のセミナーを開催することが決定いたしました。

詳しくはこちらから >> 【ビジネスリーダー必見!】ビジネス「タイプ別」コミュニケーション講座

「手放すと手に入る」は本当か?

コラム:2015/12/27

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

「手放すと手に入る」とはよく耳にする言葉ですが、果たして本当なのでしょうか?

本当です(笑)。
少なくとも私にとって、今年ほどそのことを実感した年はありません。

私にとって、今年最大のトピックといえば、20数年にわたるサラリーマンという立場を手放し、プロコーチとして独立に踏み切ったことです。
独立に至る過程ではそれなりに悩みましたが、メンターコーチや周囲の後押しもあって、何とか独立に漕ぎ着けました。

そこで、独立した途端に手に入ったものが幾つかあります。
例えば、以下のような事柄です。

・ 銀座コーチングスクールの副代表になった
・ 同スクール名古屋校の代表になった
・ 一般社団法人の理事になった
・ 地元で50名近くのビジネスパートナーができた
・ 企業研修の依頼が増えた

これらの現象について、当初は驚きもあり、嬉しくもあり、戸惑いもあり、といった不思議な心境でした。ですが、少なくとも感じたことは、「サラリーマンのままだったら絶対に手に入らなかったことだろう」ということでした。

そして、今ならもう少し明確に言えることがあります。
それは、「手放すと手に入る」とは、"自然の法則"に他ならないということです。
つまり、物質的にも精神的にも、スペースを空けておかなければ新しいモノは決して入ってこない、だから手放すことが必要なのだ、という理解に辿り着いています。

まもなく、私にとって激動 (?) の2015年が終わろうとしています。
来る2016年は、運命学的にいうと、私は更に飛躍する年だとか(^_^)。

ならば、その運命に則って、更に「手放す」ことを実践してみようかな。
手放すことで手に入るモノ、今度は何だろう?

名言の誤解?「天才は1%のひらめきと99%の努力」

コラム:2015/12/20

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

今年も残すところ10日あまりとなりましたね。
皆さんは、やり残していることはありませんか?
「やり残していることはない!」と断言できる人は素晴らしい!
そんな人は、来年1月以降の具体的行動を描いてみるのも良いかもしれません。

「天才は1%のひらめきと99%の努力」

皆さんも一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか?

そう、偉大な発明王トーマス・エジソンの名言です。
私がこの名言を聞いたのは、たしか小学生か中学生の頃だったと記憶しています。

「天才になるためには努力は欠かせない、天才は才能ではない」というような意味として教わり、この歳になるまで疑いなくそのように捉えていました。

ところが、最近、ふと目にしたビジネス雑誌に、エジソン関連の面白い記事が掲載されていました。

その内容は、「エジソンの言葉の真意は『1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になる』ということである」というものでした。

つまり、エジソンに言わせれば、「努力することは当然のことで、成功するためにはわずかでもひらめきがなければいけない」ということになります。
皆さん、ご存知でした?(^_^;)

この名言には諸説あるようですが、現在は後者の意味が有力である、とのことでした。

この記事に関連して、私の感じたことです。

それは、(物事の追求に)努力をし続ければ、自ずとひらめきは生まれるのではないかということです。

だから、ひらめく・ひらめかないを気にする前に、まずは目の前の事柄に一生懸命取り組むことが重要ではないかということです。

「ひらめきは、99%の努力のあとにやってくる」(大石)笑

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP