NEWS & COLUMN

「之を往く所無きに投ずれば、死すとも且つ逃げず」

コラム:2019/03/08

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

3月に入り、日増しに暖かくなり、春の訪れを感じさせますね。
これから新年度を迎えるにあたり、何か新しいことを始ようと思う方も多いはず。
そんな方には、ぜひコーチングを活用して、行動促進を図ることをお勧めします。

今日は、この「行動促進を図ること」に関連して、
『孫子』「九地篇」の中にある下記の一節をご紹介したいと思います。



「之を往く所無きに投ずれば、死すとも且つ逃げず。」

将兵を帰郷することも逃亡することもできない死地に投ぜよ。
逃亡しても死、戦っても死、という絶対絶命の状態に投ずれば、
兵卒は死を目前にしても逃げない。



上記の一節はやや極端であるとしても、クライアントの行動促進のために、
コーチは時に(クライアントを)追い込むことがあります。
例えば、下記のような言い方でクライアントに接するのです。

「(行動した)結果を聞かせてください。」
「(計画した事柄を)いつやりますか?」

ここでのポイントは、コーチとクライアントとの間に、
強い信頼関係があることが求められる、ということです。
それがなければ、おそらく反発や不信感を招くだけで、
決してクライアントが行動を起こすことはないでしょう。

実は、そのことを裏付けるような一節が、同じ「九地篇」の中にあります。



「謹み養いて労することなかれ。」

将兵の補給面に配慮し、つまらない雑用で将兵を疲労させてはならない。



つまり、将軍が将兵のためにさまざまな配慮をしているからこそ、
両者の間に信頼関係が生まれる、ということが言えそうですね。

PAGE TOP