NEWS & COLUMN

「通り抜けはこちらをお通りください」

コラム:2018/11/16

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

毎年この時期になると、私の住む愛知県では紅葉が見頃を迎えます。
サラリーマン時代にはあまり眼に留めることのなかった秋の色づきも、
事業主となり、自分の時間をコントロールできるようになってくると、
それを感じ取ることができるようになるから不思議ですね。

さて、今日は、そんな晩秋の公園でたまたま見かけた
「立て看板」のことについてお話したいと思います。

その公園は、地理的に、駅と大通りの間に挟まれたような環境にありました。
普通に考えると、駅に向かう人、駅から大通りに出る人にとっては、
その公園が移動中のショートカットエリアになるわけです。
実際、公園内では、多くの方の行きかう姿が見えました。

一方で、公園には、子ども達の遊ぶスペースが確保されています。
公園の管理者や利用者としては、そのスペースを侵されたくはないですよね。

普通であれば、「園内通り抜け禁止」とか「通行者は園内に入るな」とか
書かれた看板が立ちそうですが、その公園の看板は洒落ていました。

通り抜けはこちらをお通りください

その文言が書かれた看板が示す矢印の先には、歩行者用の通路が確保されており、
ちゃんと通り抜けができるように整備されていたのです。
実際、通り抜けしようとする人達は、その看板の指示通りに通行していました。

これをコーチング的に解釈すると、こんな具合でしょうか。

すなわち、通り抜けする人達を頭ごなしに否定するのではなく、
まずは彼らをきちんと受け止めた上で、妥協点をみつける。
彼らは、認められているからこそ、公園側の意見にも従うことができる。

これがもし「園内通り抜け禁止」という表記であったら、
ここまで行儀よく通行していなかったのではないかな?と感じた次第です。

この公園の管理者には、秋空のように「あっぱれ!」を差し上げたいですね。

PAGE TOP