NEWS & COLUMN

自分>相手、現在>未来

コラム:2018/03/30

こんにちは。
コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

早いもので明日で3月も終了します。
2018年になってから早くも3ヶ月が経ちました。

そして、私のコラムも再開してから半年が経過します。
一週間に一回の更新とはいえ、よく継続できました(笑)。

自身のペースからするとこのペースは程良いようです。
何事も「マイペース」でないと長続きはしないですからね。

さて、今日のタイトルにある、

自分>相手、現在>未来

これを見て、おおよそコーチらしからぬ表記である、
と受け止めている方もいらっしゃるかもしれません。

考え方としては逆であり、

自分<相手、現在<未来

ではないのかと。

たしかに、コーチのとるべきスタンスとしては、
「自分」よりも「相手(クライアント)」のことを尊重するべきだし、
「現在」よりも「未来」に焦点を当てることに重点を置くべきでしょう。

経験的に思うことですが、これを実践しようとすると、
優先すべきこととしては、これの逆になるのではないでしょうか。

つまり、「相手(クライアント)」のことを尊重しようと思ったら、
まずは「自分(の在り方)」が満たされている(整っている)べきだし、
「未来」に焦点を当てようと思ったら、まずは「現在」に向き合えないといけない。

それができて初めて、コーチはクライアントと対峙できるのでしょう。
そして、コーチとしてのパフォーマンスが発揮できるのでしょう。

そういう意味では、「自分にコーチをつける」という選択は最良なのでしょうね。
コーチもやはり人間ですから(笑)。

PAGE TOP