NEWS & COLUMN

「自己肯定感」とは何か?

コラム:2016/10/14

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。
いつもありがとうございます。

10月も中盤に差し掛かり、辺りは秋らしさを増してきましたね。
個人的な話ですが、毎年この時期は、スーツを「春・夏仕様」から「秋・冬仕様」に切り替える時期でもあります。
状況に応じてネクタイも着用するようになり、服装の切り替えとともに、気分もリセットできる感覚が心地良いと感じています。

さて、今日は、「自己肯定感」について取り上げてみたいと思います。

コーチやコーチングに接している方が、ふだん何気なく使っている「自己肯定感」という言葉。
あなたは、この意味をわかりやすく説明することができるでしょうか?

なぜ、このような質問をするのかと言いますと、最近、私が講師を務めたコーチングクラスで、一人の受講生が「自己肯定感」という言葉に疑問を持たれたからです。

彼の疑問は、以下のようなものでした。

「『自己肯定感』という言葉の意味は理解できるが、その感覚がよくわからない。何がどうなると、『自己』を『肯定』したことになるのでしょうか?」

これには軽い衝撃を受けました。
私にとっては、それこそ"感覚的に"理解していたことだったからです。

当然のことながら、うまく説明ができません。
その場で電子辞書を使って調べてみましたが、意外なことに「自己」や「肯定」という言葉を見つけても、「自己肯定感」という言葉を見つけることができませんでした。

その受講生と話すうちに、私は以下の言葉に辿り着きました。

「自己肯定感」とは、今の自分をOKと思うこと

この言葉を発した途端、何かが腹にすとんと落ちたような感覚を覚えました。

彼も合点がいったようで、「ああ、その感覚ならわかります。」とのこと。
続いて「でも、なかなかそのようには思えないんですよね・・・」とも。

彼の発言にあるように、多くの方は「自己肯定感」をなかなか持てないでいるのかもしれませんね。

そこで、私は自信を持って彼に伝えました。

「大丈夫。コーチングを学べば、『自己肯定感』は確実に身につきますよ。」

その後、クラスアシスタントと合流。
アシスタントに受講生とのやり取りと、辿り着いた答えを伝えてみたところ、
「『OK』という言葉が、何だか軽さを感じさせますね・・・」とのこと。

しかし、「自己肯定感」のある私は、「それでもOK」と思えるのでした(笑)。

PAGE TOP