NEWS & COLUMN

エディー・ジョーンズ氏にみるコーチングの効果

コラム:2015/10/06

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

ラグビーW杯イングランド大会で強豪南アフリカ相手に歴史的な1勝をあげた日本が、第3戦でこれまた格上のサモア相手に2勝目をあげました。それも今度は僅差ではなく大差で。

この結果に呼応して、日本代表チームのヘッドコーチであるエディー・ジョーンズ氏の存在がここにきてクローズアップされています。
彼は、これまでのW杯でわずか1勝しかできなかった日本代表チームを、一体どのような手法で世界の強豪と戦えるチームへと押し上げたのでしょうか。

その背景には、"コーチング"があったことが指摘されています。
そのことは、すでにマスコミ等で取り上げられている彼の発言や記事から知ることができます。

例えば...

「それまでのコーチたちと、エディー氏の違いは何だったのか?第一に、ジャパンは世界でベスト8に入れると、本気で信じたことだ」(ガジェット通信)

「コーチングでいちばん重要なのは、選手に自信を持たせることだ」(エディー・ジョーンズ/Sports Graphic Number Books)

「エディーさんの名将たるゆえんは、選手一人一人を理解し、その能力を最大限に引き出す手腕にある」(NHK プロフェッショナル 仕事の流儀)

いかがでしょう?

「本気で信じる」「自信を持たせる」「能力を最大限に引き出す」...どれもコーチング的な要素ばかりです。

エディー・ジョーンズ氏は、常に選手たちにコーチングマインドを持って接し続けたことで、日本ラグビーの実力・知名度だけでなく、コーチングの知名度をも押し上げてくれました。

奇しくも、先日のコーチングセミナーで、私の敬愛する講師がこのことに触れ、コーチングのことを以下のように表現していました。

「コーチングとは、"結果を出す"コミュニケーションである。」

PAGE TOP