NEWS & COLUMN

「5×5」の法則

コラム:2015/09/23

こんにちは。コーチングオフィス エンの大石です。

私はコーチングの講座やクラスで、

「コーチとクライアントとの関係は協働関係である」

ということをお伝えしています。

ところで、「協働関係」とは何でしょうか?

「協働」とは、「同じ目的を共有し、共に力を併せて活動する」という意味があります。
英訳すると、「パートナーシップ」とか「コラボレーション」とった意味になります。

まさに「協働」とは、コーチングのために用意された言葉である、と言っても過言ではないかもしれません。

以前、親しくしているコーチ仲間が、この話題について、大変興味深いことを話してくれたことがあります。

彼は、こんなことを話してくれました。

コーチとクライアントの力関係は「5:5」が理想ではないでしょうか。
これが、例えば「7:3」や「6:4」になったら、お互いの力は最大限に発揮されないと思います。
それを証拠に、それぞれの数字を掛け合わせてみてください。
8×2=16、7×3=21、6×4=24、5×5=25、...となり、数字のバランスが取れた「5:5」の時に、掛け合わせた合計値が最も大きくなることがわかります。

・・・いかがでしょう。
これには、思わず納得!でした。

数字においても、コーチとクライアントの関係性においても、お互いの力が同等である時に、最大限の力が発揮されるということがわかりますね。

果たして、あなたは、相手に何割の力を注いでいますか?

PAGE TOP